リードを許す展開となった松山英樹 ここから巻き返しを図りたい(写真は初日)(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<WGC-デル・マッチプレー 2日目◇23日◇オースティンCC(7,108ヤード・パー71)>
世界ゴルフ選手権第3戦「WGC-デル・マッチプレー」が開幕。初日にジム・フューリク(米国)と引き分けた松山英樹はロス・フィッシャー(イングランド)とティオフした。
かわいい!犬市長のシド君が優勝者大予想!
流れを作りたい1ホール目だったが、松山は2打目を左に曲げてバンカーへ。対してフィッシャーは約1mにつけてバーディ。いきなりリードを許す展開となった。
その他池田勇太は日本時間24日朝5時にジョーダン・スピース(米国)と決戦。そのスピースから大金星を奪った谷原秀人は、日本時間24日朝5時11分にライアン・ムーア(米国)と激突する。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

谷原秀人が大金星!スピースを撃破し、「1ホールずつ集中してやることができた」
昨年覇者ジェイソン・デイが涙の記者会見、がんを患う母の元へ
松山英樹のオッズは19倍 優勝候補のマキロイ、スピースは?
超DEEPな骨太スイング論をアメリカからお届け!TOSHI HIRATAの究極レッスン
片山晃の新レッスン「50歳でなぜ230ヤード飛ばない?」