日本代表にエールを送ったMF長谷部誠

写真拡大

 日本代表から負傷離脱したMF長谷部誠(フランクフルト)が仲間にエールを送った。

 19日夜にUAE入りしたが、20日に無念の途中離脱が発表された長谷部。敵地で迎えるW杯アジア最終予選・UAE戦を前に、自身のインスタグラム(@makoto_hasebe_official)を更新し、「頑張れ、日本!!! 本日深夜、皆で応援しましょう!Viel Erfolg Japan !!! You can do it Japan !!! 」と日本語、英語、ドイツ語の3か国語でサポーターに“共闘”を呼びかけた。

 長谷部は11日のバイエルン戦でMFトーマス・ミュラーのループシュートをクリアしようとした際にゴールポストに左すねと右膝を強打。チームドクター、代表ドクターから右膝半月板損傷の疑いで手術の必要性があると診断された。離脱後は日本に帰国しており、22日には「本日手術を受けます」と術前にインスタグラムで報告していた。

 アウェー最大の山場となるUAE戦。国際Aマッチ出場104試合の頼れるキャプテンを欠く苦境を乗り越え、チーム一丸となって勝利をもぎ取れるか。キックオフは日本時間23日24時30分。テレビ朝日系列で生中継される。


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧