盛り上げ役、引き立て役の合コンに、うんざりしていませんか?

自分も友達も、そんなつもりはなくても、合コンに参加すれば、いつも損な役回りになっている……。

それでは、「合コンで恋人なんてできない」と思うのも無理はありません。

恋とは、一種の需要と供給の原理が働きます。

どんな女性にも需要はあるもの!

そこで今回は、盛り上げ役、引き立て役な女性でも、合コンで恋人ができちゃうマル秘テクニックをご紹介致します。

 

■まずはターゲット絞り

自分を店頭に並ぶ“商品”と仮定した場合、物ではない人間にできることは、“こちら側からユーザーを選ぶ”ことができるということです。

手を拱いて、待っている必要はありません。

モテる人というのは、自分を好いてくれる人を見極める能力が高く、そんな人を自分も好きになりやすい傾向があります。

まずは、あなたも自分を好いてくれる人を見極めましょう。

好みにも左右されますし、見極めるには経験値も必要ですが、同じ役回りの男性や思慮深い男性は、あなたの損な役回りにも理解を示し、気持ちを汲んでくれると思いますよ。

また、“直感”が物を言いますので、自分を薄利多売しようとせず、ターゲットのみにアタックするようにしましょう。

 

■落ち着いた時が勝負!本音や弱音でアタック

合コンなどで初めて会う男性に、弱音を吐いたり本音をぶつけたりするのは、非モテな行為と思っていませんか?

実は、本音や弱音を吐くことは、一気に心の距離を縮められる有効な手段なのです。

ただ、言うタイミングには気を付けましょう。ターゲットに対し、あなたの損な役回りを十分に見せつけてから、本音や弱音を吐いた方が効果は高いので、合コンの中〜後半、二次会などで伝えるようにします。

「いっつも盛り上げ役で……でも、皆が楽しんでくれればいいんだけどね」とか、「誰からも誘われなくて、こんなポジションだから仕方ないけど、ちょっと寂しいかな」など、ターゲットの同情を誘う文句で切り込みましょう。ポイントは、損な役回りを自分で理解していることを伝えることです。

殆どの男性は、「そんなことないよ」と否定するか、同じ役回りの男性なら、共感を示すと思います。

そして、もっと攻めるなら、「じゃ〜○○君は誘ってくれる?」、「でも、実際誰も誘ってくれないし」などと、男性が誘いやすい展開に持って行きます。

「じゃ〜連絡先交換しようよ」、「じゃ〜今度デートする?」と誘ってくれれば、ラッキー!

攻められない人は、「そうかな〜」と口を濁すだけでもいいですが、積極的に誘えない男性が相手だと、なかなか誘ってくれない可能性もありますので、そこは見極めて下さいね。

 

■素顔と仮面で健気女子アピール

上記の「本音・弱音アタック」の後、特に失敗した時にやっておきたいのが、健気女子アピールです。

失敗後、友達や他の男性には、“仮面”である損な役回りを気丈に振る舞い続けましょう。

実は弱い一面を隠している“素顔”を知っているターゲットには、あなたの健気さがひしひしと、時間を増すごとに痛いほど伝わっていきます。

「本音・弱音アタック」で失敗しても、健気女子アピールを意中の男性にしておけば、帰りしなにあなたを誘ってくれるかもしれませんし、後日連絡が来るかもしれませんよ。

 

何をおいても、ターゲット絞りは重要です。

ターゲットを見誤っては、どんな手段を用いても、落とせないこともあるからです。

たった一度失敗しても、諦めず、何度か「この人だ!」と思う人にチャレンジして、手応えを確かめて下さい。

きっと、ステキな彼が見つかると思いますよ。

【画像】

※ bbernard/shutterstock

【関連記事】

※ 同僚と酔った勢いで…私たちの「恋愛失敗談」を告白

※ 何度もしたくなる!キスの後に彼をキュンとさせる言葉

※ 恋の妙薬♡「男がドキドキする」女子の意外なギャップ

※ 性欲がないだけ!? 「エッチをしたがらない」男の本音

※ 最高の一夜を。「ワンナイトラブ」で男を夢中にさせるテクニック

※ あるある?「狙いの男子が友達とかぶった!」時の神対応