22日、中国の女優チョウ・ドンユィが美脚の秘訣を大らかに語り、ネットユーザーから「かわいい!」と称賛されている。

写真拡大

2017年3月22日、中国の女優チョウ・ドンユィ(周冬雨)が美脚の秘訣(ひけつ)を大らかに語り、ネットユーザーから「かわいい!」と称賛されている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

22日、若手人気女優のチョウ・ドンユィが北京で新作映画「指甲刀人魔」の記者発表会に出席。ショートパンツから細長い美脚をむき出しにした姿で登場したが、「脚を美しく見せる秘訣は?」と質問されると、「カメラのプロがうまく修正してくれるから」と回答。このあけすけな言葉について、「かわいい!」「正直すぎる」「好感度アップが止まらない」などと、ネットユーザーが称賛している。

チョウ・ドンユィは10年、巨匠チャン・イーモウ(張芸謀)監督に見出され、純愛映画「サンザシの恋」でデビュー。「90後(90年代生まれ)女優でトップ」と言われる演技力を武器に存在感を示し、有名監督からのラブコールが絶えない。デビュー作で相手役を演じたショーン・ドウ(竇驍)をはじめ、リン・ゴンシン(林更新)やチェン・シャオ(陳暁)、ショーン・ユー(余文楽)など名だたるイケメン俳優たちの「初恋相手」を演じては世の女性をうらやましがらせてきたほか、最新作の映画「喜歓[イ尓]」では金城武の相手役に起用されている。これにはチョウ・ドンユィ自身も、「ファンに恨まれるかもしれない」などと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)