男性に「結婚したい!」と思わせる大人モテ子になるために一番必要なのは、ズバリ「常識的な気遣い」です。言い換えると“常識知らずは大人モテ子にあらず(=結婚相手としてはイマイチ)”ということ! ひぇ〜、なかなか手厳しい。
それにしても、具体的にはどの程度の気遣いが必要だというのでしょうか? その疑問、このコラムでスッキリ解決できますよ。

1. 感謝の気持ちを言葉にする

「ありがとうが言えない人と、この先もずっと一緒に……とは考えられないかな。挨拶とか、感謝の気持ちとか、そういうのを表すのってすごく大事だよね」(営業/29歳/男性)

▽ 「ありがとう」、「ごめんなさい」が言える女性と言えない女性とでは、やはり結婚相手としての差が歴然と出てきます。自分の気持ちを表現するのは、なんとなく気恥ずかしく感じるというシャイガールもいるとは思いますが、それでも感謝の気持ちだけはしっかりと伝えるようにしていかなければならないようです。

2. 嬉しさを態度で示す

「無表情の人とずっと一緒には過ごせないと思うな〜。だって、常に気を遣っていなければならないのって、すごくストレスじゃない?」(エンジニア/30歳/男性)

▽ なにを考えているのかわからない人を気遣いながら生活するのは、とても大変です。ミステリアスな女性というのは、とても魅力的ではあるのですが、生涯を共にする結婚相手として考えてみると……う〜ん、たしかに少し考えてしまうところがあるかもしれませんね。

3. 連絡がなくても平気

「少しくらい連絡をしなくても大丈夫な人とは、安心して将来を考えられる。かまってちゃんはカワイイけど、安心とは程遠いと思う。だから、結局は彼女止まりなんだよね」(医療/27歳/男性)

▽ 連絡を求めすぎる甘えん坊な女性といると、最初こそ楽しいものの、ときがたつにつれて“まるで監視されているような息苦しさ”を感じてしまうのでしょう。それならば「あ、そういえば連絡きてなかったわ! 趣味に没頭してて気づかなかったけど!」くらいのほうがいいのかもしれませんね。

4. 言葉遣いが丁寧

「親や親戚との付き合いを考えたら、言葉遣いができていない人はアウトでしょ!」(サービス/25歳/男性)

▽ つい最近、「ヤバい」という言葉を使用禁止にした中学校があると話題になりました。「ヤバい」という言葉は、多様な使い道があってとても便利なのですが、品のよさを問われると……つい口ごもってしまうところはあります。品のいい言葉遣いができるよう、意識しながら生活していきたいものです。

どれもこれも、意外と普通のことばかりでした。女性の理想も“3平(平均的な年収・平凡な外見・平穏な性格)”だといいますが、それと同じように、男性も“当たり前のことが当たり前のようにできる普通の女性”を求めているということなのかもしれませんね。