チップチューンという音楽ジャンルを知っていますか?

8bitサウンドで作られたレトロゲームのような、ピコピコとした懐かしさのある楽曲です。

そんな、チップチューンのシーンではめずらしい、若手女性アーティストのTORIENAさんは、5年の音楽活動を経て今年2月に初のワンマンライブを成功させました。チップチューンというジャンルは、ゲームボーイやファミコンやPCの実機に搭載された内蔵音源チップを使って作られた音楽からきているもの。

そのシーンでは実機の「音源チップ」のみで音作りをするという「実機至上主義」というこだわりをもつ方もいて、TORIENAさんもそのひとりでした。そのため、初期の音源は、実機のみで作ることに縛られていたそう。

実機にとらわれる事以外でも、自分の中での強かったこだわりを脱却ることで成長を続けたTORIENAさんにインタビューを行いました。

また、レトロなサウンドに新しさを取り込むTORIENAさんのように、フィットネスの新しい形を提案するトレーニングバイク「Me-mover(ミームーバー)」を実際に試していただいたお話もうかがいました。

最初に目指したのは「実機至上主義」からの脱却だった


── ゲームボーイの実機を使い、インストのみの楽曲を制作されていましたが、DTMや歌に挑戦したきっかけを教えてください。

TORIENAさん:始めたての頃、私は実機至上主義で、実機以外でチップチューン作りましたみたいなのを素直に受け止められない時期もあったんですよね。ゲームボーイの実機から音が出てるというところに、すごくロマンを感じていて、だからこそ1台で作らないといけないっていう気持ちになっていました。

実機は野太い音が出せるので、ライブの時はとても合なと思うのですが、レコーディングして家で聴くためにCDなどにすると、認めたくないけど限界を感じました。

チップチューンは、4つしか同時に発音できないし、出せる波形とかも限られている中で、どれだけ魅せるかとか「こんな音出せるんだ」とか、想像の余地で楽しめるので、好きな人にはいろんな音に聞こえます。

ただ、一般的なチップチューンとかを知らない方で、音楽自体にそこまで興味のない方に聞かせたら、全部同じに聞こえてしまうと気づいてしまったんです。私としては、大好きな実機1台だけでやり続けていきたいって気持ちもあったのですが、いろんな人にこのジャンルの素晴らしさを広めたいという気持ちが強かったので、表現方法で無意味な縛りで苦しむのはやめようと思いました。1台で作りたかったら作りたい時に作ればいいし、DTMとかも取り入れて音をリッチにしたやつを作りたければそれを試していけばいいと。


── そのきっかけから1st vocal mini album『FAKEBIT』という作品をリリースされて、ファッションブランドSPINSとコラボを行うなど、チップチューンを知らない層への露出のきっかけになりましたね。

TORIENAさん:やっぱり、実機至上主義者だった私にとって、パソコンで鳴らしたチップチューンのピコピコした音は「fake bit(海外では、チップ音源ではなく、PCなどで作ったチップチューンを揶揄する言葉)」だったんですけど、『FAKEBIT』をリリースした時はわざとタイトルにして「fake bit」を鳴らすことで今までのこだわりから脱却する覚悟を決めました。



チップチューンのシーンでは、「fake bit」だと言って、実機じゃないチップチューンを煙たく思う人たちとか、逆に「fake bit」を作って「実機主義とか堅苦しい」と言ってる人とのバトルとかあったんですよね。そういったにこだわりから脱却して、新しいことをやっていこうという気持ちを作品にしてリリースできたことは、私にとって転機になりました。

初めてボーカルに挑戦したのも、自分はセルフプロデュースでなんでもできるっていうことを形にしたくて。思った以上に難しかったのですが、難しいことほど習得したくなるので、もっとうまくやろうという気持ちで取り組みましたね。


自分ひとりでなんでもやる。そこからの脱却も成長につながった


── 今までのひとりでこなすということから、誰かと作るといった形で、昨年はコラボでの活動が目立ちましたね。

TORIENAさん:今まで確かになんでも自分でやるんだという気持ちが強かったんですが、やっぱり勉強しないといけないなと思って。自分が得意なものは得意でいいのですが、得意じゃないというか、そこまでじゃなくても、特筆することでもないことって絶対にありますよね。そういうところは、得意な人に任せるか、なるべく上手な人と一緒にやって学ぶかだなと考えていました。

その上で、私は、完全に人に任せるというのはあまりしたくないので、なるべく今のうちというか、気づいた段階で吸収したいなって思いでコラボにも挑戦をしました。


── 誰かと活動するという点では、昨年末から事務所に所属したことも大きな変化になりましたか?

TORIENAさん:事務所への所属について、私はずっと断ってきてたんですよ。私はやっぱりこだわりが強くて、音楽活動をする理由とかも核の部分が結構深いところにあるので、そこまで理解して噛み砕いてパッケージングというか売り込んでくれるような人ってあまりいなかったんですよね。

その中で、ちょうど声をかけてもらった今の事務所は、今まで声をかけてくれた人たちよりも私がいるシーンのこととかもわかってくれていますし、私の気持ちとかもちゃんと汲み取ってくれるので、大丈夫だと感じています。


20170310toriena13.jpg


TORIENAさん:所属した時は、なんでもひとりでこなすことに限界がきていました。制作以外にも、メールのやり取りや領収書などの事務作業や、グッズの納品までかなりの時間を割いていたんですよね。その時に、事務作業とかをやることで、自分が本来作るべきものというか、やりたかったところに時間が割けないのはどう考えてもおかしいと思いました。

自分ひとりでなんでもできるという気持ちもずっと強かったですが、誰かに任せて、自分がやるべきことややりたいことに使える時間を確保できるのは本当に大切だなと感じました。時間がないと打ち合わせとかの時間配分とかすぐゴチャゴチャになってしまうこともあったのですが、マネージメントしてれる人がいるだけで、だいぶ自分にとって必要なことに集中することができますね。

ただ、自分で事務作業などまでして苦労を体験したことは、一緒にやっていく人たちの気持ちを理解する上でも、無駄ではなかったです。


これからは、ひとりでできないことを叶えていく


── 大勢でひとつの作品に向き合う、自分の得意なこと・やるべきこと・やりたいことに時間をかけるという気持ちになった今だからこそ、ワンマンライブはいいタイミングだったのではないでしょうか。

TORIENAさん:2012年から目標をなんとなく決めていて、チップチューンの日本で大きいフェス、今でいうスクエアサウンズフェスティバルというイベントに出ることや、海外でライブする目標などはわりとすんなり叶って、だいたい2015年ごろからワンマンライブをしたいと考えていました。

活動から5年で結構時間がかかったかなとも思うのですが、ちょうどインディーズでできることが一回りしたタイミングだと感じていたので、自分にとってはベストタイミングでした。

自分だけの空間にファンが人が集まってくれることを目の当たりにすることで、これからの活動も自分だけのものではないという責任感が生まれましたし、ひとつの区切りとして、とても感慨深いものになりました。


── 最後に、TORIENAさんの今後について教えてください。


20170310toriena3.jpg


TORIENAさん:まだ言えないことが結構多いのですが、もっとマスに向けて発信していこうと考えています。私の活動は、独りよがりで始まって強いこだわりにとらわれることもあったけど、続けていくうちにみんなで楽しみたいなみたいなのが芽生えて来て、それがもうちょっと開花すると思います。ひとりでできないことが、これからどんどんできる方向に進みそうですし、今までよりも、さらにエンターテインメント性も高くしていく予定です。

今がチャンスだと思いますよ、今から見てたら語れると思うので。


移動をトレーニングに変えてくれる「Me-mover」、仕事などでついこもりがちな人にぴったりかも


── 自宅で制作されているということで、こもりきりになってしまうことも多いというTORIENAさんですが、実際に「Me-mover」を乗ってみていかがでしたか?


20170315lh_memover_toriena.jpg


TORIENAさん:曲を作ったりとかはだいたい家でしていて普段運動をしないので、運動しなきゃなって思っていました。今回乗ってみてそこまでしんどくなかったです。運動らしい運動っていう感じでもないから、気軽にできるなと思いました。最初コツを掴むまで難しかったのと、大きいから、車道で乗る時に若干気を使いますね。


── どのようなシーンで使うのがよさそうでしたか?


TORIENAさん:車通りが多くない所だったら、近所にコンビニとかいくときとかによさそうです。あとは、キャンプ場とかで遊べるといいかもって思いました。川沿いとかもサイクリング感が出ますよね。



普段の移動に使うだけで、気軽に運動できるフィットネスバイク「Me-mover」は、メディアジーンが運営するクラウドファンディングサイト「machi-ya」にて支援を募集中です。

執筆現在、目標の525%に到達し、定価の20%オフ18万9000円のコースが支援可能です。

プロジェクトは明日3月24日20時まで。まもなく終了なので、気になる方はお早めに! プロジェクトの詳細・支援は以下のリンクからご覧ください。

>>「Me-mover」プロジェクトページ



photo: geneTV
source: machi-ya 1, 2, Bandcamp, Soundcloud 1, 2, 3, 4, TORIENAオフィシャルサイト

(取材・執筆: machi-ya)