写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アスクは秋葉原にて「CORSAIR Product Circuit - Build it Better for Gaming -」を開催し、CORSAIR新製品の発表と紹介を行った。CORSAIRは高信頼のメモリモジュールメーカーとして知られているが、2005年より電源やケースなどの製品を投入。2010年からはゲーミング周辺機器にも参入している。電源や簡易水冷モジュールに関しては世界ナンバーワンだという。今回は主に3つの完成PCを展示。合わせて、すでに発売中を含めての新製品の紹介を行った。

完成PCの例として、プレミアム構成は4面強化ガラスを採用したPCケース「CRYSTAL SERIES 570X RGB」に、電源ユニット「TX850M」を搭載。また、CPUクーラーは簡易水冷クーラー「H100i V2」、メモリは「DOMINATORプラチナ」シリーズを使用していた。周辺機器として、キーボードは「K95 RGB PLATINUM」、マウスは「SCIMITAR PRO RGB」、マウスパッドは「MM800」、ヘッドセットは「VOID RGB WIRELESS」をそろえ、豪華装備となっていた。

メインストリーム向けとしては、ケースに「CARBIDE 330R」、電源ユニットは「CX750M」、クーラーは「H60」、メモリに「VENGEANCE LED DDR4」を使用していた。周辺機器はキーボードに「K65 RGB RAPIDFIRE」、マウスに「HARPOON RGB」、マウスパッドに「MM300」、ヘッドセットに「VOID UDB」という構成となっていた。

これとは別に「雪ミク」モチーフのMOD PCも参考展示。ただ、製作が間に合わず仮組状態での展示となっていた。

○コストパフォーマンス重視の80PLUS GOLD認証電源など新製品を披露

今後発売する新製品として電源を紹介。TX-Mシリーズを4月から投入するという。TX-Mシリーズは80PLUS GOLD認証を取得し、高い性能を持ちながらセミモジュラーデザインで、ゼロRPMファンを排したモデルだ。さらに80PLUS PLATINUM電源のHXシリーズも紹介。フルモジュラーデザインだが、CORSAIR LINKには対応せずにコストを抑える。どちらも具体的な価格に関してはまだ検討中とのこと。

入力デバイスについても触れ、CORSAIR製キーボードの優位性として、CHERRYとのパートナーシップを強調。高い水準のスイッチを使用しているだけでなく、サイレント軸やスピード軸は(時限)独占的に利用できるという。K65から利用されたスピード軸は、通常のキースイッチが2mm押し込まないとONにならないところ、1.2mmと短いストロークでONになるため、高速の応答を望むゲーマー向けだという。

また、キーボードで最上位に属するのがK95プラチナRGBで、従来製品よりもLEDの輝度を上げており、ハッキリと目立つ作りとなっている。加えて、エントリユーザーに向けたCORSAIR初のメンブレンキーボードのK55 RGBも発売する。

マウスはMMO/MOBA向けのSCIMITAR PRO RGBを投入。最大の特徴はサイドにある12のメカニカルサイドボタンの位置を調整できる機構だ。マウス底部にあるネジを緩めて自由に調整ができるようになっている。またHARPOON RGBは85gの軽量マウスながら6つのプログラムボタンを搭載。幅広い用途に対応する。

(小林哲雄)