「東京タラレバ娘」のクランクアップ画像を披露した鈴木亮平

写真拡大

鈴木亮平が22日、「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)最終話放送後にオフィシャルブログを更新。主演を務めた女優の吉高由里子との”夢”が叶ったことを明かしたり、「実は、またラブコメ、挑戦したい」と”ラブコメ”への意欲を見せた。

【写真を見る】KEY役・坂口健太郎への抱きつきショットも!

「踊れBoom Boom TOKYO GIRL♪」と題して更新されたアメブロでは、まだ同作品の最終回を見ていないファンのために「※ネタバレ注意」と綴り、「いやーついに終わってしまいました『東京タラレバ娘』!最後まで観ていただいた方々、本当にありがとうございました!」と視聴者へ感謝の気持ちを伝えた。

さらに鈴木が演じるドラマプロデューサー・早坂哲朗がある決断をするクライマックスの重要シーンについて「自分の中にある目一杯の思いやりと、気持ちを全て込めて演じたつもりです。優しすぎるところが欠点でもある早坂さんですが、そんな彼の選択を、僕は理解して応援したいなと思いました。そしてまた、倫子さんの幸せを心から祈っている早坂さんでありたいなと思いました」と役への想いと、撮影を振り返った。

また、2014年のNHK連続テレビ小説「花子とアン」で夫婦役を演じた吉高由里子と「いつか一緒に、今度は現代モノのラブコメをやりたいね」と話をしていたことを明かし、「こうして本当に叶うとは。口に出してみるものですね(笑)」と”言霊”に感慨深げ。3年後、その夢が叶った鈴木亮平にとって同作品は「とても大事な作品」になったという。

「皆さんにとっても、『東京タラレバ娘』が大切な作品として心に残るものになったとしたら、こんなに嬉しいことはありません。3ヶ月間、本当に、本当に、ありがとうございました。」と改めてファンへメッセージを送り、「実は、またラブコメ、挑戦したいと思ってます。いつになるか分からないけれど、今のうちに口に出しておきます(笑)」と、”ラブコメ”への意欲を綴った。ファンからは早くも「(タラレバの)続編を見たい!」という声が相次いでいる。

またブログにはクランクアップ時の写真や、坂口健太郎が演じた金髪のイケメンモデル・KEYへの抱きつきショットを公開している。