左SBでの先発起用が予想される酒井高。アウェーの地でいかなるプレーを見せてくれるだろうか。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、後半戦スタートとなるUAE戦が、3月23日深夜24時30分にキックオフされる。

【日本代表PHOTO@UAE】決戦直前! 緊張感漂う前日会見&公式練習
 
 UAEは昨年9月のホームでの初戦で敗れている相手。是が非でもリベンジを果たしたいところだが、一筋縄ではいかない相手なのは選手たちもよく理解している。左サイドバックで先発が濃厚な酒井高徳は、ホームゲームでの対戦経験も踏まえて次のようなコメントを残している。
 
「ホームでやられたように、カウンターが非常に脅威なチーム。アジアのなかでもよりテクニックに優れた選手が多く、非常に攻撃センスがある選手も多い。すごく攻撃的なチームという印象があります」
 
 前回の対戦では、やはり鋭いカウンターから守備の穴を突かれて、FKとPKによって手痛い失点につながった。エースのオマール・アブドゥルラフマンを軸に、最終ラインの背後を突いてくる攻撃は脅威となる。
 
 そしてハリルホジッチ監督も再三言うように、やはりゴール前ではファウルを誘ってくる敵の罠に陥らないような慎重さが求められる。
 
 これに関して酒井高は、「コミュニケーションは選手間で多くとっているし、そういったシチュエーションが今回(UAE戦)だけということではなかったので。監督が短い時間の中でフィードバックしたとしても、試合をするのは選手なので、ピッチ上で僕らがどれだけ表現できるか、コミュニケーションをとって状況を変えていけるかが大事になる」と話し、敵のカウンターやセットプレーに対しては、スムーズな意思疎通によって臨機応変に対処していく構えだ。
 
 6大会連続の出場を目指す日本に対して、敵もしたたかだ。陸上トラックのあるスタジアムから、よりスタンドからの圧迫感がある専用スタジアムに変更したり、負傷者情報を流したりするなど、あの手この手で日本に動揺を与えようとと躍起になっている。難しい試合になることも覚悟の上だ。
「(難しい試合になると)そう言われているのは分かっていますし、選手個人個人でも理解しています。そういう状況を上回る気持ちをしっかり持って戦うことが大事。そういった勢いがアウェーでは一番大事になってくると思います」
 
 所属するハンブルクでは主将も務める酒井高。リーダーシップも備えた頼もしきDFが、アウェーの洗礼を受けるチームにも良い影響をもたらしてくれそうだ。