ジュリーのへや

写真拡大

3月17日(金)よりNetflixで配信中の『ジュリーのへや』。名女優ジュリー・アンドリュースが"ジュリー先生"として主演し、舞台芸術についてマペットキャラクターの子どもたちに教え、ミュージカルを作るという全く新しいキッズ向け番組だ。『セサミストリート』などを手掛けたマペット界の第一人者であるジム・ヘンソン・カンパニー社が参加していることも話題となっている。

ジュリーはブロードウェイのミュージカル『マイ・フェアレディ』や『キャメロット』をはじめ、映画『メリー・ポピンズ』ではアカデミー賞主演女優賞、『サウンド・オブ・ミュージック』ではゴールデングローブ賞で主演女優賞を獲得するなど言わずと知れたミュージカル界の伝説的存在として知られている。「私は長年、舞台芸術に関する番組を手がけたいと思っていました。子どもたちやご家族全員がその素晴らしさを体験できるような専門番組を作りたかったのです」と本作が長年の夢であったことをジュリーは明かし、「この作品が私にとって何が特別かというと、"ミュージカル"作りを取り上げていることなんです。歌い、演じる事の喜びを伝えられる最高の形であり、これ以上のものはないと思います」と自身のキャリアの根源とも言えるミュージカルへの想いを語っている。

本作を共同プロデュースしているエマ・ウォルトン・ハミルトンは、なんとジュリーの実の娘であり、まさに夢の母娘プロデュースが実現。エマは子どもの頃のジュリーとの思い出について、「とても思いやりのある献身的な母親だったの。もちろん彼女にはプロとしての仕事があることが分かっていたわ。でも母が人々に囲まれてサインをお願いされたりした時は、私は、「彼女は私のものよ」って思ってたわね」と振り返る。またジュリーは自身について「私はひどい料理人だったわ、どうしてもお料理できないのよ。でも、美味しい朝食だけは出来たのよ(笑)」それに対してエマは「スクランブル・エッグだけどね(笑)」と、完璧なナニーであるメリー・ポピンズ役のイメージとはちょっと違う知られざるプライベートエピソードを明かしてくれた。

81歳を迎えてもなお美しく精力的に活動し、未来を担う子どもたちの可能性を伸ばすことを考えるジュリーが贈る本作『ジュリーのへや』は子どもはもちろん、大人にも大切なことを教えてくれる作品だ。

Netflixオリジナル作品『ジュリーのへや』はNetflixにて配信中。(海外ドラマNAVI)