年齢とともに衰えが目立ちやすくなる場所、といえば肌でしょう。その理由の一つに、肌の水分を保つヒアルロン酸が失われていくことがあげられます。普段から補うようにしたいヒアルロン酸ですが、実は食品からはヒアルロン酸が摂りにくく、サプリメントなどを利用する方が効率よく摂れるんです。

驚異的なヒアルロン酸の保水力

保湿の成分として有名なヒアルロン酸は、なんと1gで6リットルもの水分を保つことができます。だから体内のいたるところにヒアルロン酸が存在し、大切な働きをしています。例えば目や肌を乾燥させないように潤したり、骨と骨の間のクッションの役割を果たし、関節の曲げ伸ばしが自由自在にできるようにしているのです。しかし体内のヒアルロン酸は、20歳を過ぎた頃から減少し始めるため、食品などから補っていく必要があります。

ヒアルロン酸が含まれている食品といえば、豚足や魚の目、鶏のトサカ、フカヒレ、すっぽんなどです。これらは日常的に摂りにくい食品であるうえに、一般的に食品に含まれるヒアルロン酸は分子が大きく、吸収されにくいという難点があります。そのためヒアルロン酸は、吸収しやすい形に加工したサプリメント等で摂取する方のが、効率よく摂取できるとされています。

乾燥気味な肌におすすめヒアルロン酸入り
「やさしいポタージュ」

自然な形でヒアルロン酸を摂りたい、という願いから生まれたのが、ファイン(株)の「うるうるシリーズ やさしいポタージュ」です。安心の機能性表示食品であり、おいしく温まりながらヒアルロン酸が摂取できてしまう理想のスープです。本質を追求するファインの「やさしいポタージュ」だから、品質管理はもちろんのこと、厳選した原料を使い、特に安全性を考慮して天然の素材を加工することにこだわっています。機能表示食品としてのお墨付きもあり、納得と信頼のスープです。

ヒアルロン酸は効率よく摂取!

カップに一袋を入れ、130ml〜150mlの熱湯を注ぎ、よくかき混ぜれば出来上がり。いつでも簡単に、忙しい朝や小腹が空いた時にぴったり、スープでお腹も満足です。一袋に120mgのヒアルロン酸Naが含まれ、ヒアルロン酸のチカラで肌の水分を保持します。冬の空気で乾燥気味となってしまった肌に、潤いが欲しいという方におすすめのスープです。ヒアルロン酸は1日にどれくらい摂取するかよりも、毎日摂取することが大切な成分。

サプリメントだけでなく食品からも摂取できれば嬉しいですよね。綺麗を目指したいからこそ、食べるものにもこだわっていきたいですよね。肌のみずみずしさを保つためにも、ヒアルロン酸は効率よく補っていくことが大事です。機能表示食品「やさしいポタージュ」で心と体を暖めながら、肌にも栄養がいきわたるのならば、まさに一石二鳥ですね。


writer:Akina