12星座【単独行動派】ランキング 蠍座は長時間1人でもちゃんちゃら平気!

写真拡大

 テレビ朝日の水9ドラマ『刑事7人』で東山紀之さんが演じている天樹悠は、協調性がなく、勝手に単独行動に走りがちなキャラクターです。12星座界にも、団体行動よりも単独行動をよしとする星座が存在します。ランキング形式にて紹介しましょう。

■第1位 蠍座……長時間1人でもちゃんちゃら平気
 刑事のように張り込みをする職業といったら、「探偵」が挙げられます。蠍座は、12星座でもっとも探偵に向いているといえるでしょう。もともとが口数の少ない性格ですから、長時間たった1人で張り込みを行なうのも、まったく苦になりません。逆に、集団に身を置くと、何かしゃべらなければならないと、話題探しをするのが面倒に感じてしまいます。大勢で1つのプロジェクトを完遂させるよりも、1人物陰に佇んであんパンと牛乳片手に張り込みするほうが気楽なのです。

■第2位 魚座……想像上の人物とのおしゃべりに夢中!
 甘えん坊な魚座のベスト3入りに驚いた人も多いでしょう。確かに魚座は、単独行動に不安を抱くイメージですが、その一方で、「夢の世界」の住人でもあります。ひとりぼっちだとしても、お得意の妄想劇場を開幕させ、想像上の人物とおしゃべりしちゃうようなタイプ。集団での共同作業中も、「夢の世界」にワープすることは日常茶飯事。その結果、上司の指示に対して上の空になってしまうので、いっそのこと単独行動のほうが安全といえるでしょう。

■第3位 山羊座……自分が輪を抜ける主義
 山羊座自身は、団体行動は決して苦手ではありません。社会の一員として、最低限のコミュニケーションスキルを身に着けることは、現代人として常識だと思っています。だからこそ、ですよ! 団体で行動すべきシーンで、団体行動を乱す輩の存在が許せないのです。「社会人として、集団に合わせることもできないのか!」と、イライラしてしまうのです。イラ立つくらいなら、自分が集団を離れ、単独行動すべきと捉えます。

 第4位は牡牛座。単独行動と聞くと、1人で突っ走るイメージかもしれませんが、牡牛座の場合は「ゆっくりやりたいので、みなさんお先にどうぞ」という姿勢。結果、おいてけぼりの単独行動になります。第5位の牡羊座は、牡牛座と真逆で、スピード狂タイプ。あまりのはやさに、周囲がついていけないのです。

 第6位の射手座は、あっちへフラフラ、こっちへフラフラと寄り道をしているうちに、気づいたら単独行動になっています。子どもの頃は、遠足でしょっちゅう迷子になっていたことでしょう。第7位は水瓶座。単独行動できる自分がカッコイイと思っています。

 第8位は双子座。たとえばパーティーのような場において、最初は単独行動だったとしても、持ち前のフットワークの軽さで、気づいたら複数名で会話を楽しんでいることでしょう。第9位の蟹座は、団体行動において、「ウェットティッシュなら私、持っているよ」など、世話を焼きたい性分です。

 第10位の天秤座は、単独行動している人に、「こっちにおいでよ」と声をかける、気配り上手です。第1位の蠍座にとっては、それがありがた迷惑なんですけどね……。第11位は獅子座。太陽のように明るい性格で、他者からどう見られているか大して気にならないので、団体行動は得意なほうです。

 そして第12位は乙女座。乙女座の好きな場所は、ズバリ給湯室です。給湯室で、ウワサ話をするのが生き甲斐! さながら女子校のノリで、社内ゴシップについて盛り上がります。ウワサ話は、人数が多いほど盛り上がるので、団体行動大好きです。

 仕事をする上では、何名かで歩幅をあわせる必要があることも。1人でやったほうが手っ取り早いのに……と思うこともあるでしょうけれど、単独行動と団体行動を上手に使い分けられてこそ、一人前といえるでしょう。
(菊池美佳子)