意中の男子と恋愛成就させるため、駆け引きをする女子もいますよね。でも駆け引きをしたせいで彼に冷められてしまった……ということもあるはず。そこで今回は失敗しがちな駆け引きを紹介します。

自分から連絡しない・既読スルー

恋愛の駆け引きとして、自分から彼に連絡をしない・彼から連絡がきても、いったん既読スルーして時間をおいてから返信……など、相手に気にかけてもらうためにあえてちょっと素っ気ない連絡をしている女子もいますが、それ、長期間続けていると相手に脈なしと思われてしまいます。そうなるともう彼からの連絡はないです。連絡の駆け引きもほどほどに。

最初の誘いを断る

自分の希少価値を高めるために一回目のデートの誘いを断る、という謎な駆け引きをしている女子もいますが、もちろん断られた方はショックです。がっつり肉食系男子でない限り「また誘っても断られるのかな……?」という不安から誘いづらくなってしまいます。
恋愛において彼よりも有利な立場でいたいからと、一回目のデートの誘いを断ると、よほどあなたが魅力的な女子でない限り彼は他の子にアタックしてしまいます。

他の男の影をチラつかせる

嫉妬させようと他の男の影をチラつかせ、モテアピールをする女子もいますよね。たしかに気になる子が他の男子と仲がよさげだと少し嫉妬します。でもやりすぎると嫉妬を通り越して「なんだ……ただの男好きかよ」と冷めてしまうんです。恋愛において少しの異性の影はスパイスですが、やりすぎは気持ちが冷めるもと。駆け引きで異性の影をチラつかせる場合は要注意です。

押して引いて自然消滅

よくいわれる「押してダメなら引いてみな」という言葉のように、好きな彼に猛アプローチをして「押す」。そしてある日突然連絡をぱたりとやめて「引く」という駆け引きをする。そうすれば相手があなたを気にし始める……ということを聞いたことがありませんか? でもそれは人によります。
仮に相手があなたのことを苦手だと思っていた場合、連絡がなくなった瞬間ほっとするし、来るもの拒まず去る者追わずな人は連絡がこなくなったからって追いませんよね。

尽くしすぎて都合のいい女に

尽くして彼の居心地のいい女になると彼も離れられなくなる、と書かれている恋愛指南本もありますが、付き合う前に尽くしすぎると「わざわざ告白する必要もないか!」と思われることも。また刺激的な恋が好きな男子にとって、追いかけなくても全力で尽くしてくれる女子は「都合のいい女」です。好かれるための行為がかえって恋愛につながらなくなることも。