写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今年の大阪モーターサイクルショーで、ハーレーダビッドソンは新モデル2車種を公開した。「ストリート・ロッド」は取回しの良いコンパクトなボディとリーズナブルな価格で人気を博した「ストリート750」の流れをくむ戦略モデル。高出力の新型レボリューションXエンジンを搭載し、俊敏なハンドリングで新しいハーレーの魅力を提供する。日本市場に向けて開発されたようなモデルなので、注目度が高かったことはいうまでもない。

もう1台の新モデル「ロードキング スペシャル」は、堂々としたハーレーらしいクラシックツアラー。スペシャルモデルではメッキパーツを減らし、代わりにブラックアウトしたパーツを多用したことで、ダークな存在感が光るモデルとなっている。

一方、こうした初公開モデルに負けないほどの注目を浴びていたのが2台のトライクモデル。三輪のバイクであるトライクもここ数年で一般化したジャンルのひとつだが、大手のオートバイメーカーがラインアップしているのは、ハーレーのトライクが唯一無二だ。やはり普通免許で運転できるメリットは大きく、関心を抱く人が多かった。

ところで、伝統を守るハーレーダビッドソンも、現在では水冷エンジンをラインアップしているのだが、その人気のほどはどうなのか。

ハーレーのスタッフに話を聞くと、やはり本国でも日本でも、依然として空冷モデルの人気が高いという。ただ空冷・水冷ともに、一部の人が心配する信頼性の不安はまったくなくなっているので、安心してハーレーの魅力を楽しんでほしいとのことだった。

(山津正明)