都電7000形の引退にあたり“さよなら7000形記念”として当時人気を集めたババロアをモダンにアレンジした「花模様の苺ババロア」(コーヒーまたは紅茶のカップサービス付1980円)

写真拡大

資生堂パーラー銀座本店サロン・ド・カフェは、1954年から1967年まで銀座から日本橋間でも運行していた都電7000形が3月に引退することを記念して限定メニューを用意。“さよなら7000形記念”として当時人気だったババロアをイチゴを使ってモダンにアレンジした「花模様の苺ババロア」(コーヒーまたは紅茶のカップサービス付1980円)を3月23日(木)から4月30日(日)まで期間限定で発売する。※フルーツの入荷状況により、提供期間、内容変更の場合あり

【写真を見る】当時資生堂パーラー前に銀座7丁目停留場があった事から“さよなら7000形記念”として復刻メニューが登場

「花模様の苺ババロア」は、資生堂パーラーの伝統あるレシピによるイチゴのババロアに、路面電車の車輪に見立てたオレンジスライスチップをトッピングした懐かしさ残る華やかな一皿。イチゴとミルクのマーブルアイスクリームを添えて、程よい酸味のイチゴとオレンジのソースを飾り見た目もかわいらしいデザートに仕上げている。

当時人気を集めたババロアメニューを旬のイチゴをふんだんに使ってアレンジした復刻デザート。甘酸っぱいイチゴのおいしさが春にぴったりの今しか味わえない期間限定ババロアで都電7000形の門出を見送ろう。【東京ウォーカー】