英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが21日に発表した「世界の生活費」ランキングで、シンガポールが4年連続でトップとなった。2位には香港がランクインし、上位6位のうち5都市がアジアの都市だった。資料写真。

写真拡大

英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が21日に発表した「世界の生活費」ランキングで、シンガポールが4年連続でトップとなった。2位には香港がランクインし、上位6位のうち5都市がアジアの都市だった。一方、最も生活費が安かった10都市のうち、インドの4都市がランクインした。第一財経日報が伝えた。

アジアの都市の生活費は上昇傾向にあるのに対して、中国の都市は順位を下げ、最高位の上海でも16位だった。

■中国の都市の生活費が下落
上海は中国大陸部では生活費が最も高い都市であるものの、今年はその順位を5位から16位に下げ、オーストラリアのメルボルンなどの都市の後に続き、ニュージーランドのオークランドやウェリントンなどの都市と同じ水準となっている。ただ、オークランドやウェリントンは上位を大幅に上げている。北京と蘇州も順位をそれぞれ16ランク下げ、47位と69位となった。

調査対象となった中国大陸部の全ての都市のうち、生活費が最も安かった都市は蘇州、広州、天津。69位のこの3都市の生活費は上海より約23%安い。この点について、同調査の編集を担当したジョン・コープステーク氏は、「需要の成長が鈍化したことや過去一年で人民元が継続的に下落したことを考えると、中国大陸部の都市が順位を下げたのは想定内」としている。

■上位6位のうち5都市がアジア
印象深いのは、シンガポールが4年連続で首位に立ち、香港が2位に着けているほか、日本の東京や大阪が4位と5位、韓国のソウルが6位に入った点だ。つまり、調査対象になった都市のうち生活費が最も高かった上位6都市のうち5都市がアジアの都市ということだ。上位10位までを見ても欧洲の都市はスイスのチューリヒ、ジュネーブ、フランスのパリ、デンマークのコペンハーゲンの4都市しかない。北米に限っては、ニューヨークのみだ。

円高の影響で、東京と大阪はここ1年で順位を大きく上げた。1年前、東京の生活費は11位で、上海と変わらない水準だった。EIUは生活費の調査を半年に1回展開している。調査は、ニューヨークを基準都市とし、その物価を100としてその他の都市と比較している。調査対象となるのは、約5万件の価格データだ。(提供/人民網日本語版・編集KN)