写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーシー(千葉県浦安市)の人気キャラクター・ダッフィーの新しい友達、うさぎの女の子"ステラ・ルー"が23日、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで行われた「ダッフィー&フレンズ・ハッピーファンイベント」で初お披露目され、参加したダッフィーファンのゲスト約130人から「きゃー!」「かわいい!」と歓喜の声が上がった。

ステラ・ルーは、愛らしい耳と星のように輝く瞳をもったラベンダー色のうさぎの女の子。ブロードウェイのステージに立つことを夢見て、毎日ダンスの練習に励んでいる。そんなステラ・ルーと出会ったダッフィーは、夢見ることの素晴らしさを教わり、彼女の夢を応援! 2人は仲良しになった。

ダッフィーとステラ・ルーが出会った場所は、S.S.コロンビア号の前。そこでダンスの練習をしていたステラ・ルーを見て、ダッフィーは「ころびそう、だいじょうぶかな」と心配する。そして、ステラ・ルーが「ダンサーになるのが夢なの」と打ち明けると、ダッフィーは「夢って眠っているときに見るものじゃないの?」と尋ね、彼女から「いつかこうなりたいって願うのも夢よ」と教わる。ステラ・ルーはまた踊りはじめ、ダッフィーは「キミは星のようにかがやいているね」と声をかける。

この日のイベントでは、2人の出会いを4コマ漫画風に描いたビジュアルをもとにしたジオラマを展示。ゲストの注目を集めていた。

イベントでは、S.S.コロンビア号の船長がダッフィーの手紙を読み上げる形で新たな友達をサプライズ発表。「僕に新しい友達ができたんだ。その友達はダンサーになることを夢みている女の子で、毎日毎日ダンスの練習を一生懸命しているんだよ」と告げられると、「キャー!!」と悲鳴のような声が上がり、続けて名前とビジュアルが公開されると、「かわいい!」と絶賛の声が続出した。

その後、実際にファンの前にダッフィーとステラ・ルーが登場。会場を歩いてグリーティングし、ステラ・ルーとの初対面にゲストは大感激だった。あまりのうれしさに泣き出す人の姿も。ゲストに感想を聞いたところ、とにかく「かわいい」「かわいすぎる」と大絶賛。「耳がかわいい」「目がかわいい」「ほっぺたがかわいい」などとさまざまな声があり、「色がかわいい」という意見が多く聞かれた。また、「春にぴったり」と季節を意識する人もいた。

グッズは全16種類。3月30日からぬいぐるみ、コスチューム、ネックコインケースの3種類を、4月10日からはぬいぐるみバッジ、ストラップ、ポーチ、トートバッグ、ミニタオルなど13種類を販売する。

メニューは全3種類で3月30日より登場する。「ニューヨーク・デリ」では紫色のパンや花がかわいいアボカドシュリンプのサンドのセット、「ケープコッド・クックオフ」ではニューヨークをイメージしたスペシャルバーバーのセットを、スーベニアランチケース付きで3月30日より販売。両店舗などで、ステラ・ルーが着ているチュチュをイメージしたブルーソースとステラ・ルーがデザインされたチョコがトッピングされたスーベニアカップ付きのストロベリームースも登場する。

東京ディズニーシーでは4月4日〜8月31日に、ステラ・ルーがミッキー、ダッフィーと一緒にビッグシティ・ヴィークルに乗ってゲストにあいさつするグリーティングプログラム「ステラ・ルーのグリーティングドライブ」を開催。また、4月4日よりS.S.コロンビア号を背景にステラ・ルーのぬいぐるみを置いて写真が撮れるフォトスポットが登場する。さらに、「マクダックス・デパートメントストア」と「スチームボート・ミッキーズ」の間の道"ウォーターストリート"にバナーやポスターなどのデコレーションが施される。

なお、ダッフィーが東京ディズニーシーに誕生したのは2005年。その後、2010年にシェリーメイ、2014年にジェラトーニが仲間入りし、このたび約2年ぶりの新し友達としてステラ・ルーが加わった。

(C)Disney