ロードスターRFには6MTと6AT、2種のトランスミッションが用意されています。これはソフトトップのロードスターも同じです。MTに乗るべきか? ATに乗るべきか? これはクルマ選びの永遠のテーマとも言えるでしょう。

1

まず、免許がAT限定ならば、これはATを選ぶ以外に方法がありません。乗れないクルマを買っても仕方ないですからね。問題はAT限定のない方です。AT限定がない方はどちらのミッションにも乗る事ができます。さて、ではどちらでしょう。少し考えていきましょう。

 

ロードスターのMTモデルは1.5リットルエンジンを積むソフトトップも、2リットルエンジンを積むRFも同じギヤ比のトランスミッションを使っています。エンジンのトルクが異なるのでそれぞれのミッションで細かい部分に差はあるようですが、ギヤ比は同一です。つまりどちらも速度によるエンジン回転数の差はなく、100km/hでのエンジン回転数は2500回転程度となっています。

対してATモデルは変速比は同じなのですが、最終減速比が異なるため100km/h時のエンジン回転数も異なります。1.5リットルモデルの100km/h時のエンジン回転数は2100回転程度ですが、2リットルでは1750回転とグッと回転数が低くなります。RFはそのパッケージングですでに快適性を確保していますが、それにも増してエンジン回転数が低めで走れるという部分で快適性が増しています。

RFのMTモデルはソフトトップと同じような加速をしようとするなら、アクセルの踏み方が弱めでいけます。同じ踏み方をすれば、当然2リットルのほうが速いのです。対してATモデルはRFのほうがギヤが重く、エンジンのトルクがあるのでより力強い加速感を覚えます。これはちょっと大人っぽい雰囲気を持っています。これがRFのATモデル最大の魅力と言えます。

ロードスターでスポーティな走りをしたいなら、やはりMTがおすすめです。1.5リットルのMTが一番のおすすめ、そして2リットルのMTが2番となります。AT免許しかない……人は頑張って限定解除しましょう。そのくらいロードスターのMTは気持ちいいドライブができます。

でも2シーターのFRオープンだからといって必ずスポーティドライブをしなくてはならないわけではありません。スポーティに走るのがメインではなく、気持ち良くツーリングをしたい、街を流したいという人にはATが似合っています。気持ちよく流すなら、RFのATで決まりです。オープンにしたときの風の巻き込み量なども少ないですし、RFのATならばモナコの海岸沿い(行ったことないけど)だって似合っちゃうと思う次第です。

(文:諸星 陽一/写真:前田 惠介)

ロードスターRFはMTで乗るべきか? ATを選ぶべきか? モナコに似合うのはどっちだ!?(http://clicccar.com/2017/03/23/456037/)