写真提供:マイナビニュース

写真拡大

博報堂、博報堂アイ・スタジオ、日本マイクロソフトの3者は3月9日、顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出し分けるアウトドア・メディア及びターゲティング広告配信システムである「Face Targeting AD (フェイスターゲティング・アド)」を連携して開発したと発表したが、3月23日には、その試作機がプレス向けに公開された。

Face Targeting ADの画面は鏡のようになっており、ユーザーの目線からは、自分の顔に合わせて広告が表示される。たとえば、メガネの広告(上図)であれば、自分の目に合わせて、シェービングクリームであれば、自分のあごに合わせて商品が表示される。

現状は試作機のためA4サイズで、1:1での利用を想定しているが、将来的にはもう少し大きなもの作成していくという。

顔は鏡の横に付いているカメラで認証。その画像データがマイクロソフトのクラウドにアップされ、年齢や性別、顔の特徴や表情を読み取り、その人のその時の気分や健康状態を分析した上で、その状態に最適な商品やサービスの広告を提示する。

例えば、疲れている時に栄養ドリンクを画面の中に提示したり、悲しそうにしている表情なら思い切り泣ける感動的な映画の動画広告を表示したりといった、その人に合う商品やサービスの広告を出し分ける。また、ユーザーのアクセス履歴の取得が可能な点も特徴だという。

博報堂 インタラクティブデザイン局クリエイティブ開発部 エグゼクティブクリエイティブディレクター 須田和博氏は、「Face Targeting AD」の開発の狙いは2つあると説明した。

1つは、上述した、人によって広告を出し分けること。そしてもうひとつは、自分の顔を取り込んで、それに合わせて広告を出すことで、広告自体を楽しんでもらうことだという。

実際、この試作機を3月12日(現地時間)から米国オースティンで開催されたテクノロジー・スタートアップのイベント「サウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)2017」で展示したところ、広告を楽しむ様子が見られたという。

このシステムはマイクロソフトのAIが利用されているが、日本マイクロソフト 業務執行役員 パートナービジネス推進統括本部 統括本部長 浅野智氏は、「マイクロソフトのAIは汎用的で、手軽に使える点が他社顔認証と異なる点だ。今後はAIをその人に適した広告を表示するレコメンドの部分で活用したい」と語った。

(丸山篤)