だれでもスペシャリストになれる「ある法則」とは?

写真拡大

本を書くためのテーマ探しは、人生の宝探しです。業界でナンバーワン、オンリーワンで成功していなくても、どんな人でもスペシャリストになれるという、ある法則とは? キーポイントは、「楽しいこと」。

一万時間費やせばだれでもプロに

「1万時間の法則」を知っていますか?
どんなド素人でも。1万時間修行したり、研鑽したりすると、だれでもプロになれるという法則です。
この法則は『天才! 成功する人々の法則』(マルコム・グラッドウェル 講談社)にも詳しく書かれています。
この本はアメリカで、3ヶ月間に100万部売れました。

1日3時間を10年間

たとえば、格闘技経験ゼロのあなたが、今日から空手を習うとします。
1万時間やれば、黒帯を取得し、達人になれるというわけです。
1万時間というのは、1日3時間費やすと1年で1000時間、つまり、10年間かかります。
確かに、10年もかけて習得したら、だれでも達人になれますよね。

日々スキルを磨くことから始めよう

作家の修行も同じです。1日3時間、休まず10年間書き続ければ、あなたはひとかどの物書きになれるでしょう。
私は、何かひとつのスキルの積み重ねが作家性のすべてだと考えています。
もしあなたが会社員であったり、OLであったり、自営業であったりしたら、日々、スキルを磨いているかどうか自問自答してください。

「継続」が感動を生む力に変わる

深く狭くひとつのことを長くやり続けることによって磨かれる感性、見えてくる世界、到達できる境地があるのです。
熟練した陶芸家がすばらしい茶碗を生み出すように、ピアニストが人を涙させる演奏を行うように、長く積み上げてきたスキルによって、人を感動させることができるのです。

楽しむことに年齢は関係ない

スキルを磨き続けている人は、とても幸せな人です。
作業に没頭している時間は至福の時間なのですから。
もしあなたが作家以外にも、何かの達人になりたいと本気で決意しているのならば、まずは、自分が楽しむことができる「1万時間を積む」ことをお薦めします。
楽しむことに年齢は関係ありません。60歳、70歳になっても始められますよ。

【まとめ】

・1日3時間費やせば、10年で一万時間。達人と呼べる経験値が身に着きます。
・作家性とは、何かひとつのスキルの積み重ねがすべて。
・まずは、自分が楽しむことができる「一万時間を積む」……楽しいことなら、幸せな気持ちでずっと続けられそうですね。

★ 参考図書『本を出したい人の教科書』
著者:吉田浩(よしだ・ひろし)