右ウイングでのスタメンが濃厚な久保。ゴールという結果で勝利に貢献できるか。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト特派)

写真拡大

 今回のUAE戦は、久保裕也にとってリベンジの場でもあるようだ。
 
「個人的な想いとしては、前回(サウジアラビア戦)に不甲斐ない形で終わってしまったので。とにかく、良い結果で終わりたいと思います」
 
 昨年11月に行なわれた最終予選のサウジアラビア戦は、初スタメンに抜擢されながら、怪我で前半終了時に途中交代。ハリルジャパンでの船出は不本意な出来に終わった。それだけに今回のUAE戦にかける想いは強く、「とにかく自分のプレーを出す」と意気込んでいる。
 
 とはいえ、独善的なプレーに走るつもりはない。「チームの勝利が第一。その次に個人の結果がついてくると思うので」とチームプレーに徹するなかで、自分の特長を生かすつもりだ。
 
 もちろん、それがゴールという結果につながれば最高だろう。本人も「結果がすべてだと思います。個人でも、チームでも。結果を残せば、もちろん選ばれ続ける」と、その重要性を理解している。「少しは慣れてきましたけど……」と、まだA代表を”我が家”のようには思えていないようだが、このUAE戦で自分の立ち位置も確立する覚悟だ。
 
「まだこのチームで僕はなにも残していないので。まず、貢献したと思えるような、結果を残したいです」
 
 若きアタッカーの決意は固い。リベンジに燃える久保の闘志が、日本代表の勝利を後押しするはずだ。