肉フェス史上最大規模での開催決定。今年のGW もアツイ

写真拡大

ジャパンミートグループのAATJが主催し、今年で3周年を迎える「肉フェス」は、4月28日(金)から5月7日(日)までの10日間、東京・お台場にて開催されることが決定した。

【写真を見る】モンスターイベント「肉フェス」

2014年に誕生し累計420万人を超える来場者数を誇るモンスターフードイベントと成長した「肉フェス」。会場はこれまでの「肉フェス」で最も敷地面積の広い、お台場肉フェス特設会場(江東区青海)での開催になる。“WONDERLAND”をテーマに掲げ、全国を駆け抜けてきた「肉フェス」らしさと新たな挑戦が融合した空間がお台場に登場する。全国各地から人気の肉料理店を集め、今年も注目の新規参画店舗を加えてスペシャルラインナップで肉フェス会場を盛り上げる。さらに充実したドリンクエリアでは、クラフトビールはもちろん、ワインやカクテルなど数々のアルコールが揃う。スイーツエリアも要チェック。今までとはひと味違った仕掛けもたくさん用意されている。会場を盛り上げるステージコンテンツはもちろん、お得な優先飲食エリアや、子ども向けコンテンツなど、1日中楽しめること間違いなし(出店店舗は近日公開)。

年間としては初の2017年「肉フェス」公式飲料として、特定保健用食品「コカ・コーラ プラス」が決定した。全国で3月27日(月)に発売される「コカ・コーラ プラス」は食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする難消化性デキストリン(食物繊維)を配合。世界No.1の飲料ブランド「コカ・コーラ」ならではのおいしさはそのままに、トクホの機能をプラスした新商品。「肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND」内では、「コカ・コーラ プラス」購入者限定シートを設置し、優先的に飲食席として利用(時間限定)できる企画を実施する。

また一段とパワーアップした「肉フェス」。ぜひゴールデンウィークのおでかけスポットとして行ってみよう!【ウォーカープラス編集部/高橋千広】