DF岩政大樹が「一番ヤバかった選手」に挙げた外国人って誰?

写真拡大

Jリーグ中継の撤退にともない、『スカパー!』が新たに開設した24時間サッカー専門チャンネル「スカサカ!」。

同チャンネルではジョージ・ウィリアムズ氏を編集長に迎え、あらゆるカテゴリーのサッカー情報を届ける「スカサカ!ライブ」という番組をスタートさせる。

そんな同番組の番組解説員としてレギュラー出演することになったのが、元日本代表DF岩政大樹だ。

昨シーズンまでファジアーノ岡山でプレーしていた岩政。

昇格プレーオフの決勝でセレッソ大阪の敗れると、クラブとの契約は満了に。今シーズンからは関東サッカーリーグに所属する東京ユナイテッドFCでプレーすることが決定している。

そんな岩政は、番組の企画で桐蔭横浜大学のサッカー部員から逆取材を受ける。鈴木国友から「一番ヤバかったなっていうFWはいますか?」と問われた岩政は…

岩政が挙げたのは、浦和レッズで活躍したワシントンやエメルソンだった。

その理由について岩政は「外国人のFWって流れとかを気にしない」と話しており、「何回か悪いプレーがあっても、何も気にしてない。常に怖い」と述べた。

大学生相手にも敬語を使うなど受け答えもハッキリしており、岩政は今後解説者としても成功するかもしれない。

「スカサカ!ライブ」の第1回目の放送は、24日(金)の午後9時から。