写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PTCは23日、技術計算ソフトウェア「PTC Mathcad Prime」の最新版(4.0)をリリースしたと発表した。

最新版では、従来より大規模で複雑なワークシートを管理する機能が強化され、情報を共有する性能や相互運用性がもたらす効果、作業の効率化を損なうことなく、自社の専有情報を保護することが可能になっているという。

具体的には、領域の保護やロックにより、他のユーザーにおける利用や表示範囲を制御する「コンテンツ保護」、他社製アプリケーションとの相互運用性により、他のアプリケーションで作成したコンテンツのワークシートへの埋め込みや、ワークシートの複数の領域をMicrosoft Wordへコピー・アンド・ペーストすることが可能になる「相互運用性」の部分、ユーザビリティの向上、式の改行、パフォーマンス向上、ドキュメント操作の単純化、Microsoft Windows 10への対応が最新版での更新点だ。

専門分野における技術計算は、企業にとって最も価値の高い情報の一つといえる。今回搭載された新た機能により、重要な計算内容がより効果的に表示および処理されるとともに、セキュリティも確保されるとのことだ。なお、「PTC Mathcad Prime 4.0」は、直近でリリースされた3D製品設計CADソフトウェア「Creo 4.0」を補完するものとなっている。