結婚を後悔した理由って? 結婚を後悔しないために知っておきたいこと

写真拡大

女性にとって、結婚は人生の一大イベント。大きな決断を伴うものだからこそ、失敗はしたくないですよね。でも結婚後に後悔している女性も多いようで……。そこで今回は、既婚女性のアンケートをもとに、「結婚を後悔した理由」や「後悔しない相手選びのポイント」「結婚を後悔しないために理解しておくべきこと」などを紹介します。婚活中の女性はぜひ参考にしてくださいね。

<目次>
■既婚女性が結婚を後悔した瞬間とは
・結婚を後悔したことってある?
・結婚を後悔した理由
・結婚を後悔したときの乗り越え方って?
■結婚を後悔する人・しない人
・「結婚を後悔する人」と「しない人」のちがいって?
■結婚を後悔しないために、知っておきたいこと
・後悔しない相手選びのポイントって?
・結婚を後悔しないために、理解しておくべきこととは?
■まとめ

■既婚女性が結婚を後悔した瞬間とは

結婚は慶事ですよね。ですが、世の中すべての夫婦が結婚後何不自由ない生活をしているわけでもなく……。結婚についてネガティブな感情を抱いてしまいがちなのは難しい問題です。最初に、既婚女性が結婚を後悔した瞬間をご紹介します。

◆結婚を後悔したことってある?

実際に結婚を後悔したことのある女性はどれくらいいるのでしょうか。まずは、既婚女性のみなさんに次の質問をしました。

Q.結婚を一瞬でも後悔したことがありますか?

ある(49.6%)
ない(50.4%)
※有効回答数121件

◆結婚を後悔した理由

約半数の女性が抱く、結婚への後悔。軽い後悔ならまだしも、離婚まで考えるようだと深刻ですよね。豊富なアンケート結果から、女性が結婚を後悔した理由の具体例をピックアップしました。

(1)家事や親戚関係

・「家事負担、相手との性格の不一致、同居」(女性/34歳/医療・福祉/専門職)

・「家事や親戚付き合いをわずらわしく感じることがある」(女性/34歳/商社・卸/事務系専門職)

(2)仕事と育児の両立がつらかった

・「仕事と家事育児の両立がつらくて家族に八つ当たりしてしまったとき」(女性/33歳/医療・福祉/その他)

・「子どもが1歳半になったので職場復帰し、そのときに引っ越しもあり、環境が変わった中、旦那さんから自分のことをけなすようなことばかり言われ精神的にしんどくなり離婚を考えた」(女性/32歳/その他/販売職・サービス系)

(3)マザコン

・「義母さんと私の主人は血のつながりがないのに、性格がそっくりなところが嫌です。毎日掃除機かけろ。など毎日うるさく言われています」(女性/31歳/その他/販売職・サービス系)

・「マザコン。口だけでどんどんボロが出てくる」(女性/23歳/小売店/販売職・サービス系)

(4)金銭感覚が合わない

・「金銭感覚が合わなさすぎてストレスだから」(女性/26歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「金銭感覚の問題。相手のギャンブルの借金癖」(女性/36歳/その他/その他)

◆結婚を後悔したときの乗り越え方って?

女性が結婚を後悔する大きな理由が分かってきましたね。でも、後悔しながらも結婚生活を改善しようと努力した奥さんも多いはず。女性が結婚を後悔したときの乗り越え方とは?

(1)話し合う

・「旦那さんに正直に話す。月に一、二回贅沢できるようにしてもらってる」(女性/26歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「話し合った。お金のことは自分で解決してもらった」(女性/36歳/その他/その他)

(2)いいところを考える

・「今乗り越え中ですが、ほかの旦那さんと比較してスペックが高い部分を見つけて、注目するようにしている」(女性/30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「好きで結婚したのだから、何があっても仕方ないと悟った」(女性/30歳/建設・土木/事務系専門職

(3)ほかの人と話す

・「時間を作って友だちと遊ぶようにした」(女性/27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「職場の先輩ママやお年寄りに愚痴り悟らされた」(女性/34歳/医療・福祉/専門職)

(4)我慢

・「時の流れに身をまかせる。けんかも必要だし、我慢も大事」(女性/31歳/その他/販売職・サービス系)

・「基本的には我慢。スマホを無視して一人の時間を作る。主人にストレートに言い、話し合う」(女性/30歳/学校・教育関連/その他)

◎既婚女性が結婚を後悔した瞬間まとめ

女性が結婚を後悔する理由の多くは、旦那さんへの不満のようです。特に、育児や家事の分担、姑との関係について奥さんから不満が出やすいようですね。一度してしまった後悔を乗り越えるコツは、相手のいいところを見たり、話し合ってお互いに客観的に分析することのようでした。

■結婚を後悔する人・しない人

最初の質問で、既婚女性に結婚を後悔したことがあると聞いた結果、そもそも結婚を後悔したことがないという女性が50.4%もいましたよね。ここでは、結婚を後悔する人・しない人の秘密を探っていくことにしましょう。

◆「結婚を後悔する人」と「しない人」のちがいって?

「結婚を後悔する人」と「しない人」のちがいはどこにあるのでしょうか。「結婚を後悔する人」と「しない人」のちがいについて、女性に意見を聞きました。

(1)結婚前に考えた生活が現実的だったかどうか

・「結婚する前に描いていた結婚生活とズレていたりしたら、後悔すると思います」(女性/33歳/医療・福祉/その他)

・「結婚前に結婚後の生活を具体的に想定しておいたかどうか」(女性/30歳/その他/販売職・サービス系)

(2)相手のことを理解していたかどうか

・「事前に、ある程度お互いの性格を理解しているか」(女性/27歳/建設・土木/技術職)

・「デキ婚や相手をよく知らないうちに結婚すると後悔する」(女性/34歳/医療・福祉/専門職)

(3)勢いで結婚したかどうか

・「勢いで結婚しちゃう人と、ちゃんと生活とかも考えて結婚できる人」(女性/32歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「勢いで結婚してるかどうかだと思う」(女性/31歳/学校・教育関連/専門職

(4)妥協できるかどうか

・「妥協できるか、できないか。お互い折れるところは必要だと思う」(女性/30歳/その他/その他)

・「妥協点を見つけることが大事。お互いに」(女性/30歳/金融・証券/専門職)

◎結婚を後悔する人・しない人まとめ

結婚は一生モノのご縁ですよね。結婚したいという情熱は大切ですが、相手のことを一人の人間として理解し、ときには自分が折れようという心が結婚生活をよくする秘訣のようです。結婚を後悔しないために、意識しておいたほうがいいでしょう。

■結婚を後悔しないために、知っておきたいこと

とはいえ、結婚に後悔した女性も、最初はいいと思って結婚したからこそ後悔したと考えられそうです。先輩女性から、結婚を後悔しないために知っておきたいことを聞いておきましょう。

◆後悔しない相手選びのポイントって?

相手の男性に合わせていい奥さんであろうと努めるのもいいけれど、そもそも後悔するような結婚は、相手選びの段階でミスがあったのかもしれませんね。女性に後悔しない相手選びのポイントを聞きました。

(1)ある程度長く付き合う

・「ある程度長く付き合って、自分に合うか見極める」(女性/28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ある程度の期間交際をする。交際中も本音を出して付き合えるか、自分のことを大事に思ってくれてるか」(女性/33歳/医療・福祉/その他)

(2)同棲する

・「一年通して同棲までしないにしても生活してみること。こたつ派かどうかとか、よくモメるので。体の相性も見ておくこと」(女性/31歳/その他/専門職)

・「同棲を結婚前にすることをオススメします」(女性/36歳/その他/その他)

(3)一緒にいて楽か確かめる

・「一緒にいて楽だったり、テンポが同じであること。趣味や好みは別でも気にならないがそこがちがうと一緒にいて苦痛になるかもしれない」(女性/27歳/生保・損保/営業職)

・「一緒にいて楽な人。そうでないと自分が疲れます。あとは尊敬できる人。一番は誠実な人だと思います。今、不倫がすごく問題になってるんで」(女性/29歳/医薬品・化粧品/技術職)

(4)価値観を見る

・「趣味やお金の価値観が合うことはとても重要。独身時代に想像する以上に重要です」(女性/30歳/不動産/事務系専門職)

・「自分と相手との価値観が一緒だったり、一緒にいることが嫌でなかったり」(女性/33歳/医療・福祉/その他)

◆結婚を後悔しないために、理解しておくべきこととは?

素敵な相手を選んだとしても、結婚後の生活を作っていくのは自分ですよね。結婚を後悔しないために、結婚生活について前もって理解しておくべきことは何でしょうか。女性の意見を見てみましょう。

(1)子育てと家事を分担すること

・「子育てと家事、仕事を全て自分一人でしようとしない」(女性/31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「育児家事は、手伝ってもらって当たり前と思わないこと」(女性/32歳/その他/販売職・サービス系)

(2)自分のための時間が減ること

・「お互いの趣味の時間などは理解してうるさく言わない」(女性/33歳/医療・福祉/その他)

・「一人だけの生活ではなくなるので、自由な時間が減るし、家事も量が増えることを理解していかないといけないと思います」(女性/33歳/医療・福祉/その他)

(3)結婚は恋愛ではないこと

・「結婚は恋愛じゃないということ。相手の悪いところも認め、自分も飾らずにいられないとできないから」(女性/33歳/建設・土木/事務系専門職)

・「好きだけじゃ結婚なんて絶対無理」(女性/23歳/小売店/販売職・サービス系)

(4)焦らない

・「焦らないこと。じっくりと相手を理解すること」(女性/26歳/その他/販売職・サービス系)

・「焦らないこと。焦ってもいい答えは出ない」(女性/34歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

◎結婚を後悔しないために知っておきたいことまとめ

結婚について後悔しないようにするには、より過ごしやすい相手選びや結婚後の生活の予測、自分や相手の結婚観の再確認などが必要なようです。面倒でも今知っておけば、苦しい結婚生活を送る可能性を減らせそうですね!

■まとめ

好きな相手と結婚できればバラ色かと思えば、必ずしもそうではない結婚生活。結婚は人生の墓場とも呼ばれるように、普段からうまくやっていく方法を意識しないと良好な夫婦関係は保てないようですね。困ったときは、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年3月14日〜3月15日
調査人数:121人(22〜34歳の既婚女性)