23日、高高度防衛ミサイルの韓国配備をめぐり、中国が韓国に報復措置を取っているとして、韓国が世界貿易機関に対して協定違反の可能性を提起したことについて、中国商務部がコメントを発表した。資料写真。

写真拡大

2017年3月23日、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備をめぐり、中国が韓国に報復措置を取っているとして、韓国が世界貿易機関(WTO)に対して協定違反の可能性を提起したことについて、中国商務部の孫継文(スン・ジーウェン)報道官がコメントを発表した。中国証券網が伝えた。

孫報道官は「今月17日のWTOサービス貿易理事会で韓国政府の代表が、一部の韓国企業の中国での経営が影響を受けていると話した。これに対し、中国政府の代表は、中国が韓国との経済・通商関係の発展を十分に重視していると語ったと理解している。われわれは韓国の経済副首相兼企画財政相がメディアに対し中国が政策措置を取った証拠がないと語ったことに注意している。私が強調したいのは、中国はWTOの責任あるメンバーとして、WTOの規則と関連の約束を一貫して堅持し、継続して順守していくということだ」と語った。(翻訳・編集/柳川)