「うごく、しゃべる、並列化する。1/8タチコマ」

株式会社Cerevoは23日、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「うごく、しゃべる、並列化する。1/8タチコマ」を、3月23日から予約受付開始すると発表した。価格は15万7400円(税別)で、発送は6月の予定。

 

本製品は、コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける同社による、アニメやゲーム、映画などの作品中に登場するアイテムを、家電のテクノロジーを用いて現実世界に可能な限り再現するプロジェクト「S2R(From screen to the real world)」の第2弾。

 

本体には21個のモーターを搭載し、各関節・ポッド・マニピュレータ・車輪が電動可動することで、両腕や脚部、映像センサーなどが動作する。スマホに対応アプリをインストールすれば、走行用ホイールを回して自在に動かすことができる。また、会話に合わせて身振り手振りの自立動作を行ったり、姿勢コマンドの発行で作中と同じ姿勢を再現することも可能。

走行用ホイールなど

アプリでの操作イメージ

コミュニケーション機能としては、AIを搭載。音声認識・自然言語処理により、話しかけた言葉をタチコマが認識し、内容に適した返事を音声で返してくれる。音声は、原作でタチコマの声を担当した玉川砂記子さんの声を600パターン以上収録し、音声認識エンジンと音声合成エンジンを組み合わせたものを使用する。

また、ネットと連携して天気予報や今日のスケジュールなどをタチコマの音声で教えてくれる機能もあり、「9時半からサイトウさんと打ち合わせの予定です!」などとしゃべってくれる。

コミュニケーションイメージ

作中で、タチコマ同士の情報共有や経験値アップに使われる「並列化」も実現。あるユーザーがタチコマに教えた情報をクラウド上で共有し「並列化」。別のユーザーがそれについて質問すると、知っている情報として発信することができる。

並列化イメージ

本製品の本体サイズは352×391×249mm(W×D×H)、重量は1.5kg、バッテリー駆動時間は6時間(本体動作により利用時間は変化)。

 

なお、本体のバンパー部や砲身カバー部にアルミ削りだし部品を採用した「SPECIAL EDITION」については、17万7400円(税別)で数量限定で発売される。

 

「SPECIAL EDITION」

「うごく、しゃべる、並列化する。1/8タチコマ」

URL:https://tachikoma.cerevo.com/ja/

2017/03/23