23日、学校法人「森友学園」に国有地が格安で売却されていた問題で、同学園の籠池泰典理事長の証人喚問が参院予算委員会で行われた。このニュースは韓国でも大きく伝えられ、韓国ネットユーザーの注目を集めている。写真は自民党ポスター。

写真拡大

2017年3月23日、学校法人「森友学園」に国有地が格安で売却されていた問題で、同学園の籠池泰典理事長の証人喚問が参院予算委員会で行われた。この模様はNHKが総合テレビで中継するなど日本国内で大きな注目を集めているが、籠池氏が一連の問題への安倍晋三首相の関与を主張していることなどから、韓国の複数のメディアがこれを伝え、韓国のネット上でも話題を集めている。

韓国メディアでは、この問題はいつしか安倍首相の夫人・昭恵さんの名から「昭恵スキャンダル」と呼ばれている。この日の証人喚問を報じた聯合ニュースやニューシスも籠池氏を「昭恵スキャンダルの核心人物」と表現、氏が「国有地の格安での購入には政治的な関与があった」「安倍首相から寄付金を受け取った」と証言したと伝えた。

またニューシスは、日本の国会で証人喚問が開かれるのは実に5年ぶりのことだとし、このことからも「同スキャンダルが日本の政界でいかに問題になっているかが分かる」と説明、さらに「安倍首相は昭恵スキャンダルをめぐる疑惑を全面的に否定してきたが、この騒動で内閣支持率は大きく下がっており、籠池氏の発言に日本政界が注目している」とした。

韓国のネット上では安倍首相に厳しい声もよく聞かれるだけに、スキャンダルが持ち上がったとなればその注目度はなおさら高い。記事には多くのコメントが寄せられているが、「安倍さんもこの際、引きずり下ろせ」「君も朴槿恵(パク・クネ前大統領)みたいに…」「安倍さんさよなら、槿恵が行く道をそのまま進んでくれ」「どこの国でも同一政権が長引くと腐敗で終わることになるんだな」「こういうの、最近のはやりなの?」と、大統領を罷免された朴槿恵氏と安倍首相、日韓の政界を引き比べるコメントが目立つ。

また、「韓国だったらメディアも国民も大騒ぎするところなのに、ずいぶん静かだな」「日本人はこういう問題でも黙って見守るのが先進国民だと思い込んでるのか」「日本人は僕らのろうそくデモを見て、『そこまでする必要ある?』と言ってたけどね」など、市民のデモで大統領を罷免に追い込んだ韓国と比べ、日本の様子を不思議がるようなコメントも。

さらに、「日本は政治後進国だ」「日本の政経癒着、外部勢力の国政介入をなくすことはほぼ不可能」「昔、ある教授がこう言っていた。日本は解放された先進国型の北朝鮮だと」など日本の政治について言及する声も目立つ。そして、「弾劾された朴槿恵と弾劾される安倍が結んだ慰安婦合意は無効にすべき」との主張もあった。(翻訳・編集/吉金)