【詳細】他の写真はこちら

日本市場にもお手頃Xperiaが欲しいなあー。

ソニーモバイルコミュニケーションズは、ミドルレンジスマートフォン『Xperia L1』を海外発表しました。5.5インチの大きなディスプレイや自撮りにこだわったカメラを搭載。1.45GHzクアッドコアプロセッサと2GBのメインメモリは、ハイスペックというほどではないものの一般的なアプリを動作させるには必要十分でしょう。



日本市場ではハイエンド機の存在感が大きいXperiaシリーズですが、海外では普段使いには十分なレベルのミドルレンジXperiaがいくつか展開されているんですよね。ちょっと羨ましいような気もしてきます。

大画面なのに握りやすい本体





大き目な5.5インチのディスプレイを搭載しながら、片手でも十分ホールド可能な筐体サイズ。その秘訣は、継ぎ目のない「ループサーフェイスデザイン」と狭額縁デザインなベゼルのおかげ。毎日の持ち運びも苦になりません。

風景も自撮りも美しく撮影





カメラ性能に定評のあるXperiaシリーズらしく、背面には1300万画素、前面に500万画素のカメラを搭載。通常の風景撮影はもちろん、自撮りが美しく撮影できるのは最近のスマホとしての必須性能。こうした需要の高まりに応えてか、ディスプレイ側にあたる前面カメラのスペックが高いのが嬉しいですね。

ちょうどいいスペックにハイエンド機でおなじみの機能も





搭載OSは最新の「Android Nougat」、バッテリー容量は2620mAhで、最近のXperiaでおなじみのスタミナモード、スマートクリーナーといった省エネ機能に対応。USB端子は最新のUSB-Type Cを搭載しており、このあたりも含めて全体的な印象はXperia XZ系列のスペックダウン版といったところ。日本市場に投入されるかのアナウンスは一切されていませんが、発表ではホワイト、ブラック、ピンクの3色が登場するとのこと。案外このくらい欲張らないスペックのスマホ端末あたりが、最近では「ちょうどいい」のかもしれません。

文/塚本直樹

関連サイト



ソニーモバイルコミュニケーションズ(『Xpria L1』製品ページ)

関連記事



【本日発売】ソニーの音声アシスト・イヤホン『Xperia Ear』の装着感ってどうよ?

メンバーとつながる! でんぱ組.inc特別仕様のXperia Ear「でんぱいやー」

『Xperia X Compact』ついに国内発売決定。手になじむ4.6インチ、これを待ってた!【実機体験レポ】