グラスバレー、コンテンツの取り込みから管理を効率的に行える高速メディアプレイヤー「Mync」のプレスカンファレンスを開催

写真拡大 (全3枚)

グラスバレー株式会社は2017年3月22日に、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUS 8に搭載されているコンテンツ管理機能「GV Browser」に新たな機能を追加した「Mync(ミンク)」のプレスカンファレンスを、同社東京オフィスにて開催した。

グラスバレー株式会社Vice president,General Maneger 竹内克志氏
「Myncを活用することで、あらゆるタイプのユーザーへビデオの価値を提供していきたい」とコメント

Myncは動画・静止画コンテンツを効率的に管理し、活用するソフトウェア。ユーザーの二ーズに合わせて「EDIUS Mync Basic」「EDIUS Mync Standard」の2タイプが用意されている。

EDIUS Mync Basicは、プレビュー機能とコンテンツの整理に特化しており、さまざまな動画フォーマットに対応。YouTubeやVimeo、Facebookなどへのシェア機能も搭載している。2017年6月30日までの期間限定で、無料ダウンロードキャンペーンを実施している。

EDIUS Mync Standardは、デジタルフォトグラファー、Webコンテンツクリエイター、およびビデオ編集の初心者に向けた製品。ストーリーボードビデオ編集機能や、プロフェッショナルビデオフォーマットに対応したコンテンツ管理機能など、Basicバージョンに多くの機能が加えられている。2017年6月30日までの期間限定キャンペーンとして特別価格税抜4,980円で購入可能だ。

グラスバレー株式会社Product Manager 粟島憲郎氏
Myncの特長として「SDカードのコンテンツから一括で取り込むことができます。取り込み時にストレスなく運用できます」とコメント
画像、映像、音声ファイルでサムネイルとプレビューが同時に表示可能

また、膨大な素材データから、必要なファイルを探し出す作業で使用可能な「カタログ」「スマートカタログ」機能を搭載。必要な素材ファイルを「動画」「静止画」「音楽」といった種別で分類するだけではないく、素材ファイルの「フレームサイズ」「フレームレート」「タグ」「評価」から分類でき、これらを組み合わせたものを「スマートカタログ」として登録が可能。