2m30cmの美しい髪を持つ「リアル・ラプンツェル」(出典:https://www.instagram.com/aliia_more)

写真拡大

子供の頃からお伽噺の「長い髪のお姫さま」に憧れていた女性が、20年も髪を伸ばし続けた。その長さはギネス世界記録には及ばないが、2メートル30センチというから驚きだ。そんな「リアル・ラプンツェル」について『The Sun』や『New York Post』などが伝えている。

ロシアのサマーラ出身で、現在は夫と共にラトビアのリガに住んでいるアリア・ナジロヴァさん(27歳)は、7歳の時から髪を伸ばし続け今では約2メートル30センチにもなっている。その髪の重さは約2キロになるといい、家族の飼い猫よりも重く肩こりの原因にもなっているそうだ。

まさにグリム童話の「ラプンツェル」のような長い髪をインスタグラムで披露しているアリアさんだが、どの写真を見ても髪は綺麗に手入れされているのが分かる。あまりの長さに外出時には髪をまとめているが、家にいると踏んでしまうこともあるそうだ。また長い髪をキープしてきた20年間で「一番最悪だったこと」は、子供の頃に劇場で誰かがイタズラして髪にガムをくっつけられたことと言う。

アリアさんによると、2メートル超の髪の手入れはやはり大変なようで「枝毛などの処理は1か月に一回、洗髪は週に一度、その後は櫛を通すのに約1時間、ドライヤーは使用せず自然乾燥に丸一日が必要」とのことだ。

そのために、夫のアイヴァンさんと旅行を計画する際にも「ヘアケアの日」として余分に一日を見積もっておかなければならないという。手入れに時間がかかるぶんヘアケアコストも高いかと思いきや、アリアさんは「送られてくる試供品がたくさんあるので、それを使ってできるだけコストを抑えているんです」と語っている。

またアイヴァンさんによると、妻の長い髪は「もう一人の家族」のような存在とのことだ。ベッドにアリアさんが横たわるとその一面が髪を覆い占領するため、アイヴァンさんは髪を踏んでダメージを与えないようにと壁側に寄って眠っているという。それでもアイヴァンさんはアリアさんが髪をここまで伸ばし続けたことを誇りに思っているようだ。

ところがネット上では、「リアル・ラプンツェル」のアリアさんを批判する声も見受けられる。しかしアリアさんはネットでの嫌がらせに関しては一切気にしていないと言い、さらに「私は別にギネス記録を目指しているわけではありません。でも、この長さは間違いなくラトビアでは一番長いでしょうね」と語っており、今のところ髪を切る意思は全くないと述べている。

なお現在、世界で最も髪が長い女性としてギネスに認定されているのは中国のXie Qiupingさんで、その長さは5.627メートルとのこと。また昨年、インドでは18.9メートルという驚異の長い髪を持つ60歳男性が話題になった。

出典:https://www.instagram.com/aliia_more
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)