遠征初戦で1得点の久保建英、U20独代表戦は「W杯を想定した試合」

写真拡大

 ドイツ遠征を実施しているU−20日本代表は22日、ルクセンブルクで同国1部リーグのF91デュドランジュと練習試合を行い、3−0と快勝した。試合後、FW久保建英(FC東京U−18)が勝利を振り返っている。日本サッカー協会(JFA)公式HPがコメントを伝えた。

 19日から29日までの日程でドイツ遠征を行っているU−20日本代表は、22日にルクセンブルクへ移動。現地時間19時キックオフの練習試合に臨んだ。スコアレスのまま終盤に突入したが、76分以降の3ゴールで3−0と快勝。久保は62分からピッチに立ち、81分にチーム2点目を決めている。

 久保は「(得点の場面は)サイドで堂安(律)選手がおとりになってくれて、自分の得意な形で入ってくれて良かったです」とゴールを振り返り、以下のように続けた。

「今回の遠征の大一番はU−20ドイツ代表戦で、ワールドカップを想定した試合だと思います。出場できたら、メンバーに選ばれたときにどれだけできるかを試すいい機会だと思っています」

 U−20日本代表は24日、U−20ドイツ代表との練習試合に臨む。久保は5月20日から韓国で開催される2017 FIFA U−20ワールドカップを見据え、同試合の位置付けを明かしていた。