自転車を共有する、自動車を共有する、民宿を共有する。このようなシェアリングエコノミーが突如「大ブレーク」した。

写真拡大

自転車を共有する、自動車を共有する、民宿を共有する。このようなシェアリングエコノミーが突如「大ブレーク」した。人民網が伝えた。

シェアリングエコノミーとは、社会に大量に存在する遊休資源をプラットフォームに集積して、需要と供給の橋渡しをし、資源の経済的価値と社会的価値を刷新することを指す。中国は現在、シェアリングエコノミーのトップチームに入っており、関連機関の報告では、昨年の市場取引額は3兆元(1元は約16.3円)を超えたという。政府活動報告では、「シェアリングエコノミーの発展を支持する」ことが2年続けて明確に打ち出された。シェアリングエコノミーはこれから社会サービス産業の最も重要なパワーになっていくとみられる。目下一番人気のある自転車のシェアだけでなく、シェアリングエコノミーは部屋のシェア、車のシェア、知識のシェアなどさまざまな分野で遊休資源の活用を進めている。新しく生まれた現象として、シェアリングエコノミーは既存の秩序や固定的な局面に挑戦している。

▽古い生産能力を活性化し、新しい原動力の誕生を促す

シェア自転車の急速な発展に後押しされて、「斜陽産業」だった自転車産業が「2回目の春」を迎えた。

昨年12月から今年3月にかけて、自転車メーカーの飛鴿が自転車シェアプラットフォームのofoに納入した自転車は80万台に達し、同社の年間生産量の3分の1を占めた。ofo関連部門の責任者は、「飛鴿をはじめとする伝統的自動車メーカーとの協力を通じて、新しい原動力によって古い生産能力を活性化し、供給側構造改革を加速させる」と述べた。

同じく自転車シェアプラットフォームの摩拜単車とofoがさきに発表したデータによると、摩拜の供給チェーンは天津愛瑪科技、富士康、自社製造工場をカバーし、2017年の生産量は1560万台に上る見込みだ。ofoは主に天津富士達自行車、飛鴿、上海鳳凰自行車のサプライヤー3社をカバーし、17年の生産量は1780万台に上る見込み。この両プラットフォームだけで今年は3000万台以上の自転車を生産するということになる。

▽さまざまな分野で遊休資源を活用

今最も人気のあるシェア自転車だけでなく、シェアリングエコノミーでは部屋のシェア、車のシェア、知識のシェアなどさまざまな分野で遊休資源を活用する。

現在、マンションを長期間賃貸して部屋をシェアするのが大・中都市の若者に人気のスタイルだ。コンサルティング大手の米マッキンゼー・アンド・カンパニーが発表した「中国シェアリングエコノミー消費者調査研究」によると、現在、中国のインターネット上の短期賃貸契約によって毎年活用される個人所有の遊休不動産資源は約120万平方メートルに上り、増加率は20%を超えるという。

不動産資源シェアプラットフォームの開祖Airbnbは、15年末現在、世界に1億2000万戸の不動産資源を持つ。同サイトが市場を掘り起こし、中国では途家、小猪短租、YOU+などのプラットフォームが雨後の竹の子のように次々誕生した。途家の共同創業者で最高経営責任者(CEO)の羅軍さんは、「シェアリングエコノミーは需給両サイドの橋渡しの問題を解決し、大量の遊休不動産を活用し、不動産市場の在庫削減の革新的モデルになった」と話す。

知識のシェアも16年に大流行した。昨年5月にはQ&Aスタイルの知識共有アプリケーション・分答がオンラインで開設されてからわずか24日間でAラウンドでの資金調達を達成し、同様のアプリ・知乎も「知乎live」機能を打ち出した。中国がシェアリングエコノミーの黄金時代に足を踏み入れたことには疑問の余地がない。同報告によれば、16年の中国シェアリングエコノミー市場の取引額は約3兆4520億元で前年比103%増加し、関わった人の数は6億人を超え、関連のプラットフォームに就職した人は約585万人に達したという。