海外勢が挑む映画『デスノート』新たなドラマを予感させる場面写真&予告編公開

写真拡大

 2017年8月25日より全世界同時オンラインストリーミングされるNetflixオリジナル映画『デスノート』。この場面写真と予告編が公開された(https://youtu.be/RGxLRqM4F6k)。

 本作は、ハリウッドで大きな期待を集めている注目の若手サスペンス・ホラー監督アダム・ウィンガード(『ザ・ゲスト』『サプライズ』『V/H/S』)による新作映画であり、原作は言わずと知れた大場つぐみ(原作/原案)と小畑健(作画)による少年ジャンプの人気コミック『デスノート』。出演はナット・ウルフ、マーガレット・クアリー、キース・スタンフィールドなどハリウッドで熱い視線を浴びる若手スターが集結し、スタッフ陣には監督アダム・ウィンガードをはじめ、脚本チャーリー・パルラパニデス、ヴラス・パルラパニデス、ジェレミー・スレイターなど一流クリエイターが名を連ねている。

 場面写真と予告編では、主人公ライト・ターナーが空から落ちてきたデスノートを手にする姿が描かれ、緊迫感ある雰囲気と共に新たに巻き起こるスリリングなドラマを垣間見ることができる。また、映像の最後には死神・リュークと思われる怪しい影と「さて、始めよう」の不気味な声が。

 ウィンガード監督は「今回、このような素晴らしい俳優陣と組むことができて光栄に思います。原作者である大場つぐみさんと小畑健さんのオリジナリティあふれるストーリーを、全世界に届けられることを楽しみにしています」と話している。


◎配信情報
Netflixオリジナル映画『デスノート』
2017年8月25日(金)よりオンラインストリーミング