踊るバイオリニストが魅せる『美女と野獣』の世界観にうっとり…可憐で美しいベルにマジで恋する5秒前

写真拡大

“踊るバイオリニスト” の異名をとる人気バイオリニストのリンジー・スターリングさんが、YouTubeへ旬な動画作品を投稿。タイトルはズバリ『美女と野獣』。もうじき公開のディズニー映画『美女と野獣』をフィーチャーしており、ベルを演じるスターリングさんの可愛らしいことったらありません。

演奏されるのはもちろん、『美女と野獣』に出てくる楽曲の数々。音楽のみならず映像自体も映画に出てくる各シーンへのオマージュばかりで、最後までワクワクが止まらないんですっ♪

【本家さながらな演出にグッときます】

動画はファンならだれもが知っている名場面、『朝の風景』シーンからスタート。

バイオリンを楽しそうに演奏するスターリングさんは、ベルそのもの。周囲で絶え間なく動き回るスタッフの様子はまさに『朝の風景』そのまんまで、アニメ版で何度も観たあのシーンが、頭の中で重なります。

【華麗に踊るスターリングさんに目が釘付け!】

表情豊かにバイオリンを奏で、情感たっぷりに宙を舞うスターリングさんの軽い身のこなしにビックリ。クルクルと回転するところも実に可憐で、思わず見惚れてしまいます。本家エマ・ワトソンさんに負けず劣らずお美しい〜!

【最後はなぜかティーポット姿で登場】

わたしが大好きなのは、最後のシーン。ティーポットモチーフのドレスに身を包んだスターリングさんが、バラの花びらを連想させるダンサーたちを従えてステージで演奏する場面です。

ドレス姿のベルではなくティーポット姿で〆るという展開が予想外で、「そう来たか!」と思わずうなってしまいましたよ。そんなお茶目なとこも好きぃ!

随所に見られるユーモラスな演出もまた、見どころの1つ。動画を見たらよりいっそう、映画の公開日が待ち遠しくなること必至ですよ☆

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事の動画を見る