北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、朴槿恵大統領が罷免されたことをきっかけに、韓国の右翼保守勢力が「急速に弱化しながら支離滅裂の危機に瀕している」とする論評を配信した。

論評は、「悪質な保守分子らが『朴槿恵弾劾棄却のための国民総決起運動本部』の看板を『弾劾無効国民総決起運動本部』に変えて、弾劾不服従デモを扇動したが、引きずり出されたのは少ない老いぼれの生ける屍だけで、それさえ主動分子らは警察が『公務執行妨害罪』で逮捕しようとするといううわさに驚いて逃げてしまった」と指摘。

また、「多くない朴槿恵支持団体の間抜けらがソウル三成洞の昔の家に追い出された朴槿恵を訪ねて番人の役を自ら引き受けたが、それもやはり世論の袋だたきにされる格好になってしまった」と強調した。

さらに、「かいらい右翼保守勢力は車輪を止めてみようとしていて、下敷になって死ぬようになったマグソコガネ同様の境遇となった。これは、朴槿恵のような人間のくずに付いて余命を維持するためにならず者のように振る舞っていた保守一味に与えられた宿命であり、当然な末路である」と主張した。

そのうえで、「南朝鮮の各階層は、朴槿恵残党を徹底的に埋葬するために最後まで闘うべきであろう。かいらい保守一味の完全没落は、時間の問題である」と述べた。