「キム課長」 ナムグン・ミン&ドンハ、お互いを心配し合う“本物のブロマンス”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「キム課長」ナムグン・ミンとドンハが本物のブロマンス(男同士の友情) を見せてくれた。

韓国で22日に放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長」第17話ではソンリョン(ナムグン・ミン) がミョンソク(ドンハ) を慰める内容が描かれた。

TQグループが危機に陥り、パク・ヒョンド(パク・ヨンギュ) の息子ミョンソクは複雑な心境になるしかなかった。ソンリョンはそのようなミョンソクを飲みに誘った。

ソンリョンは「僕がお前のお父さんを困らせて気分が悪いだろう? 正直に話してくれ」と話した。これにミョンソクは「いい加減にしろ。課長がやることを見ていると今日だけを生きる人みたいだ」と話した。

ソンリョンはミョンソクが父親のことを思っていると思ったが、そうではなかった。ミョンソクは「課長は死にそうだと言ったじゃないか。幼い頃から父のせいでさんざんひどい目にあって血も涙もないことは知ってる。少し気をつけてやってほしい。課長の写真の前で焼香したくない」とソンリョンのことを心配した。