香川真司がポドルスキに向けて地元・神戸について紹介「オススメは神戸の夜景」

写真拡大

▽ドルトムントの日本代表MF香川真司が、今夏にヴィッセル神戸へと移籍する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキに神戸の街を紹介した。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。

▽神戸出身の香川は、幼少時代を神戸で過ごしており、地元として愛着がある街だ。初めて日本でプレーするポドルスキに向けて、地元の神戸を紹介。見どころなどを語った。

「神戸には海も山もあって、とても美しいです。住み心地はいいと思います。お気に入りの場所の1つは明石海峡です」

「六甲山からの夜景は素晴らしいですし、とてもオススメします。文化を知ってもらうためには姫路城や有馬温泉にドライブすることも良いと思います。三宮地区にはオシャレなカフェがあり、港町です。家族がリラックスした時間を過ごすことができると思います」

▽また、ポドルスキが日本でプレーすることで与える影響についても語り、子供たちに良い影響があると考えているようだ。

「ルーカス(・ポドルスキ)のような元ドイツ代表選手であり、世界的に有名な選手がJリーグでプレーすると、多くの子供たちに夢と希望を与えることになると思います」

▽また、問題点として香川は、日本の交通事情を挙げている。

「ドイツと比較するとより渋滞していると思います。車で移動する場合は多くの時間がかかりますね」