EXILE ATSUSHI『EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 "IT'S SHOW TIME!!"(2DVD)』

写真拡大

 EXILE ATSUSHIが昨年行った6大ドームツアー、その東京ドーム公演2日分の模様を凝縮して収めたDVD/Blu-ray『EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 "IT'S SHOW TIME!!"』が2月15日にリリースされた。初期からのEXILEファンにとっては、もはや“伝説の夜”となっている2日目のサプライズゲスト=清木場俊介との共演(約50分にわたるEXILE第一章メドレー!)も余すことなく収められた本作。それは、昨年デビュー15周年を迎えたATSUSHIというアーティストにとって、ひとつの集大成であると同時に、そのユニークな立ち位置と今後の未来を指し示す、実に興味深い映像作品となっているのだった。

(関連:EXILE ATSUSHIはなぜマーヴィン・ゲイと美空ひばりを同時に歌う? 宗像明将の東京ドーム公演レポ

 ソロアーティストとしては史上初となる6大ドームツアーを開催するにあたって、彼がまず最初に決めたのは、「演出を最小限に留めて音楽で勝負する」ことだったという。とはいえ、"IT'S SHOW TIME!!"と銘打たれたそのステージは、エンタテインメントの殿堂、ラスベガスのショーのように絢爛豪華で派手やかなものとなっている。頭上にぶら下げられたシャンデリアのような巨大照明装置から、ステージ中央に設置されたきらびやかな大階段まで。しかし、何よりも驚かされるのは、そこにズラリ並んだミュージシャンの人数だ。

 ホーン隊、ストリングス隊、さらにはコーラス隊を加えた、総勢40人のビッグバンド。各楽器ともども日本屈指の精鋭たちが顔をそろえるこのバンドが、開演間もなくして一斉に鳴らすそのサウンドは、まさしく圧巻のひと言である。そう、この極上極厚のサウンドこそが、ATSUSHIにとっては肝要だったのだろう。ゴージャス&グリッターな空間で観客を存分にもてなしながら、あくまでもそこで鳴り響く「音楽」そのものの力で勝負すること。そんな彼の「音楽」へのこだわりは、当然ながら、そのセットリストにも、如実に表れている。

 自身の楽曲の中でも、とりわけムーディ&ジャジーな一曲「Beautiful Gorgeous Love」で幕開けたステージは、ジャズのスタンダードナンバー「All of Me」から、ATSUSHI自らキーボードを弾いて歌い上げるマーヴィン・ゲイの「What's Going On」へと続くなど、実にアダルトな雰囲気の中で展開してゆく。しかし、その後「道しるべ」のオーケストラ・バージョンを切々と歌い上げたあたりから、その雰囲気は緩やかに変化していく。中島みゆきの「糸」、サザンオールスターズの「慕情」、尾崎豊の「I LOVE YOU」など、J-POPのスタンダードとも言うべき楽曲を、ATSUSHIは極上のサウンドに乗せて、次々と歌い上げていくのだった。さらには、美空ひばりの「川の流れのように」に至るまで。

 ちなみに、初日のサプライズゲストとして登場し、ATSUSHIと共演を果たしたのは、加山雄三とボーイズ競瓮鵑世辰拭2日目には、清木場俊介が登場。いずれの模様も本作には収められている)。それにしても、何という振り幅なのだろう。しかし、恐らくそこで彼が提示したいのは、自身の「音楽性の幅広さ」ではないように思える。むしろ、自らの心を震わせてきた古今東西さまざまな楽曲を、極上のサウンドと自らの「歌」によって、分け隔てなく目の前の観客たちに披露してみせること。そんなフラットな在り方こそが、彼の存在と立ち位置を、他の誰とも違うユニークなものとしているのだろう。ステージ狭しと駆け回り、観客を鼓舞するタイプの「ロックスター」ではなく、謙虚かつ真摯に音楽の素晴らしさを浸透させる、新しいタイプの「ソロパフォーマー」。たとえ、どんなに大きなステージに立とうとも、どれだけ派手なスーツに身を包もうとも、MCで訥々と観客に語りかける彼の姿は、いつだって謙虚だ。そう、彼はデビュー以来一貫して、自らのエゴよりもファンの心を大事にする、「音楽」そのものの信奉者なのだ。

 ところで、このドームツアーのライブの中で、ATSUSHIは自身の新しいプロジェクトであるRED DIAMOND DOGSのお披露目も同時に行った。彼の新たな音楽の世界観を表現するために結成された新バンド、RED DIAMOND DOGS。ライブでの登場時には、ブラックミュージックをベースとした、スキルに溢れたグルーヴィなバンドサウンドの印象が濃かったRED DIAMOND DOGSだが、今回の映像作品と同じタイミングでリリースされた、RED DIAMOND DOGSの2枚目のシングル『Stand By Me』を改めて聴いてみると、その印象は少し変わってくる。

 今回のミュージックビデオが、ハワイで撮られていることからもわかるように、アコースティックを主体としたこの曲は、どこか全体的にリラックスした雰囲気が漂った、ある種の「旅立ちの歌」となっているのだった。途中「ジョンとヨーコみたいに」という歌詞が登場するけれど、かつての仲間たちから離れ、新たなステージへと旅立とうとする心象風景を、リラックスしながら綴ったようにも思えるこの曲。ATSUSHI曰く、「歌詞からは『夢を追いかけて前に進む中で、支えになってくれる人を想う気持ち』を、リズムやメロディーからは『癒やし』を感じて頂ければと思います」とのことだけれど……そう、今回のドームツアーを終えたあと、ATSUSHIは、その活動の拠点を、以降2018年まで、海外に移すことを発表した。ライブで初披露されたときには気付かなかったけれど、ひょっとするとこの曲には、その「旅立ち」を穏やかな気持ちで受け止めてほしいという、そんな彼の思いが込められているのかもしれない。

 いずれにせよ、ATSUSHIというアーティストが、EXILEの一員としてデビューしてから15年間にわたって積み上げてきたことから、そこで見出した「歌手」としての自らのアイデンティティ、さらにはRED DIAMOND DOGSという新しいプロジェクトの紹介、そして加山雄三やボーイズ競瓮鵑箸龍Ρ蕁果てはかつての相方、清木場俊介との10年ぶりのステージなど、彼のキャリアを総まくりにするような、実に盛りだくさんの要素が、余すことなく収められた『EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 "IT'S SHOW TIME!!"』。それは、ATSUSHIというひとりのアーティストの過去、現在、そして未来を窺う意味でも、実に重要なアイテムとなっているように思われる。今後、海外に拠点を移した彼が、どんなふうにステップアップしながら、自らの新しい音楽を構築していくかは、まだまだ未知数だ。しかしながら、それがこのライブを踏まえたものとなっていくのは、どうやら間違いのないことのように思われる。その意味でも、必見の映像作品と言えるだろう。(麦倉正樹)