アップルが新しい動画作成アプリ Clips を米国で発表しました。Clips は短いビデオクリップを簡単に作成・共有するアプリ。

従来の動画編集アプリのような複雑なインターフェースを使うことなくシンプルな操作で、複数の動画や写真を組合せたクリップが作れる点が売り。

声でタイトルやテロップを追加する Live Titles 機能や、動画フィルタ、絵文字、アニメーション、BGMをつけて、ソーシャル受けのしそうな動画をサクッと作成できます。

声で自動的にテロップを足せる Live Titles は36言語に対応。

シチュエーションにあわせて数十種類のBGMがプリセットされており、動画の尺にあわせて自動的に音楽のほうが長さを調整して、曲のイントロ〜アウトロが自然に映像と同期します。

作った動画はiMessage や Facebook 、Instagram、YouTubeなどでそのまま共有可能です。アップルのメッセージで共有する場合、動画に映った人物を認識して、登場する人を送信先にサジェストする機能まで搭載します。

対応機種は iPhone 5s以降、iPad Air / iPad mini 2 以降、要 iOS 10.3。

配信は4月上旬。価格は無料。

(更新中