買い物で現金を使うことが減ったーー決済分野のテクノロジーの進歩により、そう感じる読者も多いでしょう。日本マクドナルドは、交通系ICやクレジットカード、NFCによる決済サービスを、2017年下半期より全国2900店舗で順次導入すると発表しました。

2017年下半期を目標に、交通系ICのKitaca、Suica、PASMO、ICOCA、TOICA、manaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん、およびセブンイレブンなどで使えるnanacoに対応。

その後、訪日客需要の大きいVisa、Mastercardなどのクレジットカード。そして、Visa payWave、MastercardコンタクトレスなどのNFCによる決済サービスに対応するとしています。

決済で遅れていた日本のマクドナルド


マクドナルドはこれまでも、電子マネーの「iD」や「WAON」「楽天Edy」には対応。一方でSuicaやICOCAなどの交通系電子マネーや、各種クレジットカードに非対応でした。

一方で海外のマクドナルドに目を向けると、欧州ではクレジットカード対応のタッチパネル注文機が一般的。米国では「列に並ばなくてもいい」をキーワードに、店に到着する前にスマートフォンアプリで商品を注文し、アプリに紐付いたクレジットカードで決済。店では商品を受け取るだけというサービスも導入しています。

これら海外に比べ、日本のマクドナルドは訪日客の利用が多いにも関わらず、クレジットカードも使えないなど旧態依然とした印象は否めませんでした。今回の取り組みにより、キャッシュレス化が大きく進むことになり、現金決済に縛られない新たなサービスの登場にも期待したいところです。

なお決済分野のイノベーションに目を向けると、現金を使わない「キャッシュレス」以外にも、スマートフォンで注文&決済し、実店舗では商品を受取るだけという取り組み。そして、商品をエコバッグに入れて、そのまま店を出るだけで決済が完了する「Amazon Go」などもあります。同分野の進展に注目していきたいところです。