3発完勝に貢献したFW久保建英

写真拡大

 ドイツ遠征中のU-20日本代表は現地時間22日、F91 Diddelengと45分間2本の練習を行い、3-0で勝利した。日本サッカー協会(JFA)によると、様々なコンディションを考慮しつつ、フィールドプレイヤー全員が起用されたという。

 前半は0-0だったが後半31分にDF初瀬亮(G大阪)からパスを受けたFW高木彰人(G大阪)が決め、先制に成功。同36分には高木の突破から、途中出場のFW久保建英(FC東京U-18)が決めて、2-0に突き放した。後半39分にはFW岩崎悠人(京都)が自ら獲得したPKを沈め、3-0。そのまま試合は終了し、勝利を飾った。

 JFAによると、内山篤監督は「相手は非常にアグレッシブにやってくれ、いいチームと対戦することができた。我々も、『アグレッシブ』をテーマとしてやっているなか、今日は選手たちが積極的にプレーしてくれた」と選手たちを労った。

 また久保は「サイドで堂安選手がおとりになってくれて、自分の得意なかたちで入ってくれてよかったです」と得点シーンを振り返り、「今回の遠征の大一番はU-20ドイツ代表戦で、W杯を想定した試合だと思います。出場できたら、メンバーに選ばれたときにどれだけできるかを試すいい機会だと思っています」と先を見据えた。

出場メンバーは以下のとおり

■前半メンバー

▽GK

大迫敬介

▽DF

舩木翔

町田浩樹

板倉滉

藤谷壮

▽MF

三好康児

坂井大将

森島司

遠藤渓太

▽FW

小川航基

旗手怜央

■後半メンバー

▽GK

大迫敬介

▽DF

初瀬亮

町田浩樹

(17分→杉岡大暉)

板倉滉

(17分→冨安健洋)

藤谷壮

(17分→原輝綺)

▽MF

高木彰人

神谷優太

市丸瑞希

堂安律

▽FW

岩崎悠人

旗手怜央

(17分→久保建英)


●U-20W杯韓国2017特集ページ