写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●復元対象とシステム要求
AOSデータは、データ復元ソフトである「ファイナルデータ11plus特別復元版」をリリースした。ファイナルデータは、失ったデータを復元させるユーティリティとして、定番ともいえる存在である。

今回の新バージョンで以下の機能が追加・強化された。

・写真(RAW)データに対応
・動画の認識率アップ(MP4対応を強化)
・起動用の媒体を従来のCD-ROMより、USBメモリに変更
・BIOS/UEFIブートに正式対応
・スキャンスピードの向上

本稿では、その概要を紹介したい。

○復元対象とシステム要求

ファイナルデータが、復元の対象とするデータは、以下の通りである。

・対応デバイス、インターフェイス(ハードディスク・SSD)
 GPTディスク、IDE、SATA、SCSI、USB、IEEE1394、PCMCIA、ExpressCard、BIOS、EFI
・対応フォーマット
 exFAT、AFT、FAT12/16/32、NTFS4.0/5.0/5.1、CDFS、UDFS、UDF1.5/2.0、圧縮ファイル、NTFS暗号化ファイル
・対応メディア
 FD、HDD、SSD、MO、Zip、Jaz、PD、各種SDカード、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、メモリースティック、xDピクチャーカード、マイクロドライブ、USBメモリ、CD-ROM、CD-RW、DVD-ROM、DVD-RW、DVD-RAM、BD-R、BD-RE
・対応メール:メーラー内で削除したメッセージや添付ファイルも個別に復元させることが可能
 Windowsメール、Windows Liveメール、Outlook Express 4/5/6、Outlook 97/98/2000/XP/2003/2007/2010/2016、Mozilla Thunderbird、Netscape、EudoraPro、AL-Mail32、Beckey! Ineternet Mail

これ以外のデバイスやメディアを探すほうが難しいくらいである。要求されるシステム仕様であるが、Windows XP以降のOSに対応し、個々のOSが正常に動作する環境であれば、問題はない。HDDにインストールする場合、50MB以上の空き容量が必要になる。USBメモリからの起動を行うには、BIOSやUEFIで設定を行う必要がある。詳しくは使用中のPCやマザーボードのマニュアルなどを参照していただきたい。

●SDカードの画像データを復元してみる
○SDカードの画像データを復元してみる

AOSデータによれば、データ復旧サービスでデータ復旧の依頼の多いものは以下の通りである。

1位:デジカメ写真、動画データ
2位:Officeのデータ
3位:メールデータ・住所録

デジカメやビデオでは、子供がまちがった操作をしてデータを消失させたり、不必要なメディアの初期化を行ってしまうといったことが考えられる。ここでは、デジカメの写真保存用に使っているSDカードのデータを復元してみたい。図2のように、使用量が0である。

まずは、ファイナルデータ11のインストールを行う

特に難しいことはない。画面の指示通りに進む。ファイナルデータ11を起動すると、図4のようになる。

ここで、復元したいデータの種類を選ぶ。今回は[デジカメ画像の復元]を選ぶ。次は、ドライブ選択となる。

図5では、SDカードを選択する。[検索]をクリックする。

容量によっては、時間がかかる。検索が完了すると、復元可能なファイルの種類が表示される。

図7では、左のペインで[グラフィックファイル]をクリックし、ファイルの一覧を表示する。

右のペインでファイルを選択し、[プレビュー]をクリックすると、プレビューが可能だ。

この機能を使い、復元したいファイルを選択することもできる。ファイルを選択したら、[選択したファイルを復元]をクリックし、復元場所を選択する。

同じドライブには、復元できない。HDDから復元する場合は、USBメモリを用意するとよいだろう。図10で[OK]をクリックすると復元作業が始まる。

実際、図12のようになる。

もし、HDDやSSDに保存されたデータを失い、復旧させたい場合、けっしてファイナルデータ11のインストールを行っていけない。すみやかにPCの電源を落とし、USBブートを行い、データ復旧作業を行う(USBメモリから、ファイナルデータ11を起動する方法もある)。その理由であるが、削除されたデータは、MFT(マスターファイルテーブル:書籍の目次のようなもの)からエントリが削除されるだけで、HDDにはまだデータは残っている。そこに上書きされると、復旧ができなくなる。インストール作業で、上書きをしてはいけないのは、そのためである(あらかじめ、ファイナルデータ11をインストールしていれば問題はない)。この点には、注意しておきたい。

残念ながら、人は必ずミスをする。誰しも消してはいけないデータを削除してしまったことは経験があると思う。そんなときのために、用意しておきたい定番ソフトといえるだろう。AOSデータでは、体験版(最終的な復元ができない)も公開している。興味を持たれたのであれば、ぜひ、試してほしい。

(c-bou)