「とろ〜りたまごINクリスピーハンバーグ」(599円/通常699円)

写真拡大

カリカリッとろうま。新食感を楽しめるハンバーグが誕生。

【写真を見る】「ビーフ100%超あらびきハンバーグ」(699円/通常799円)

ファミリーレストランガスト」は、3月17日(金)から4月20日(木)まで、7種の新ハンバーグが登場する「TRY!ガストの新ハンバーグ」フェアを開催する。

同フェアでは、目玉メニューとして「とろ〜りたまごINクリスピーハンバーグ」(599円/通常699円)を販売。これまでにはなかった、新しい食感を楽しめる自信作の新感覚ハンバーグとなっている。

合挽き肉のハンバーグのなかに、たまごを閉じ込めた逸品。ナイフを入れた瞬間の“カリカリッ”、切った瞬間に思わず写真を撮りたくなるたまごの“とろとろ”、食べた瞬間のハンバーグの“ジュワ〜”とした肉汁が味わえる。肉のうまみとまろやかなたまごの味で、“とろうま食感”が口のなかに広がる。

4月2日(日)まで、「とろ〜りたまごINクリスピーハンバーグ」と「ビーフ100%超あらびきハンバーグ」(699円/通常799円)、「まるごと焼きトマトとチーズのハンバーグ」(699円/通常799円)の計3品は、期間限定価格として100円引きで発売される。

また、「とろ〜りたまごINクリスピーハンバーグ&有頭海老フライ」(999円)、「とろろと十三穀米の和風ハンバーグごはん」(899円)、「ビーフ100%超あらびきハンバーグ&青森産ほたてフライ」(1099円)、「ビーフ100%超あらびきハンバーグ大葉おろしの和風醤油ソース」(849円)も登場する。

フェアでハンバーグの新たな食体験を感じてみて。【ウォーカープラス編集部/コタニ】