by Thomas Au

ハッカーグループ「Turkish Crime Family」が、何らかの手段で多くのユーザーのiCloudアカウントをハックし、工場出荷状態にリセットできる状態であると声明を発表しました。グループはAppleに対して「身代金」を要求しており、2017年4月7日までに支払われないときには2億件のアカウントをリセットすると通告しています。



Hackers: We Will Remotely Wipe iPhones Unless Apple Pays Ransom - Motherboard

https://motherboard.vice.com/en_us/article/hackers-we-will-remotely-wipe-iphones-unless-apple-pays-ransom



ハッカーグループの主張によると、グループがアクセス可能なiCloudアカウントの数は2億件以上あって、いつでも工場出荷状態にリセットすることが可能。Appleにもこの旨の連絡を入れていて、仮想通貨であるBitcoinかEthereumで7万5000ドル(約840万円)か、iTunesギフトカードで1000万ドル分(約1億1100万円)を要求。受け入れられない場合には、2017年4月7日にリセットを実行すると通告しています。



by Henrik Berggren

ハッカーグループはAppleに対して、アカウントを「人質」にしている証拠として、ある高齢女性のiCloudアカウントにログインし写真を遠隔で削除できることを示したYouTube映像を見せたようで、Appleのセキュリティチームから無用な心配を招かないために映像を削除するよう依頼するメールが返ってきたそうです。

IT系ニュースサイトのMotherboardではこのハッカーグループと接触し、Appleとの連絡に利用しているメールアドレスへのアクセス権を与えられたとのこと。ただ、上記のAppleとのやりとりについて、Motherboardは元のメールを確認したわけではなく、グループからスクリーンショットを見せられたとのことで、実際にAppleがハッカーグループに連絡を入れたのかどうかは不明。

Motherboardでは、ハッカーグループの主張する内容に食い違いがあることから、メディアを利用してAppleに圧力をかける戦略なのではないかと疑念を示しています。