写真家・荒木経惟の国内初「書」の個展、伊勢丹新宿で開催 - ダイナミックで自由なアラーキーの世界

写真拡大

写真家・荒木経惟の書の個展「写狂老人A」が、伊勢丹新宿店本館5階のアートギャラリーにて、2017年4月5日(水)から4月11日(火)まで開催される。

“アラーキー”の愛称で知られる日本の写真家、荒木経惟。写真以外にビデオ制作などの活動も行ってきたが、今回は墨筆を手に、「書」にフォーカスした新たな私的表現に挑んだ。荒木経惟の書の個展は国内で初となる。

個展のタイトルは、葛飾北斎が晩年「画狂老人」と称したことにちなんで、荒木経惟が自らを「写狂老人A」と呼ぶことからつけられた。荒木は"書"について、「写真の究極の[白黒]に相通じるものがあるんだよね。 モノクロー夢、モノクロー無。ある意味[写真]という行為の頂点かもしれないな、書ってのは」とコメントしている。

また、開催に伴ってグッズや書籍の販売も行われる予定だ。ダイナミックで自由方便なアラーキ―の世界を楽しんでみては。

【詳細】
「写狂老人A」アラーキ―@ISETAN -後期高齢書-
会期:2017年4月5日(水)〜4月11日(火)
※最終日は18時終了。
会場:伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリー
住所:新宿区新宿3-14-1


[写真付きで読む]写真家・荒木経惟の国内初「書」の個展、伊勢丹新宿で開催 - ダイナミックで自由なアラーキーの世界

外部サイト

  • サルヴァトーレ フェラガモの17年プレ・フォールコレクションシューズが伊勢丹新宿店で先行、限定発売
  • シャーロット オリンピア×グローブ・トロッター、シューズケースを発売 - 旅がテーマのスリッパも
  • 展覧会「夢二が描く大正ファッション」“100年前のオシャレと流行”に迫る夢二初のファッション展