クァク・シヤン、新ドラマ「シカゴ・タイプライター」に出演確定…ユ・アインとライバル関係

写真拡大

クァク・シヤンがtvN新金土ドラマ「シカゴ・タイプライター」に出演する。

クァク・シヤンは「シカゴ・タイプライター」で文壇のアイドルと呼ばれる人気作家ペク・テミン役を演じる。人気作家ハン・セジュ(ユ・アイン) と才能、ルックスなどすべてのことで双璧をなすライバル関係だ。

SBS週末ドラマ「最後から二番目の恋」でチ・ジニ、キム・ヒエと共に激しい三角関係を繰り広げたクァク・シヤンは、今回の作品でユ・アイン、イム・スジョンと愛憎関係を形成する。

クァク・シヤンは今回の作品に対して「ストーリーが興味深く、題材がユニークで各キャラクターがリアルに生きていると感じ、出演を決定した。制作陣と出演俳優たちに対する信頼で、期待がさらに高まっている」と感想を伝えた。

「シカゴ・タイプライター」は1930年代、日本統治時代を熾烈に生き抜いた文人たちが現代に生まれ、それぞれスランプに陥ったベストセラー作家、彼の名の裏に隠れて代筆する謎のゴーストライター、ストーカーよりも恐ろしいアンチファンに生まれ変わることで繰り広げられるファンタジーヒューマンラブコメディだ。

韓国で4月7日午後8時に初放送される。