松尾由美子アナ、同期から嫉妬!?『映画クレヨンしんちゃん』そっくりキャラで登場

写真拡大

テレビ朝日『グッドモーニング』でお馴染みの松尾由美子アナウンサーが、4月15日(土)に全国公開される『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』で声優として出演することがわかった。さらに、映画を盛り上げるべく、テレビ朝日の吉野真治アナ、野上慎平アナ、佐々木亮太アナ、朝日放送の北村真平アナ、北海道テレビの林和人アナ、メ〜テレの上坂嵩アナ、九州朝日放送の長岡大雅アナという、テレビ朝日系列の人気アナウンサー7人が“宇宙人アナウンサーズ”を結成し、宇宙人役でアフレコに参加を果たした。

松尾は、女性アナウンサー役として、本人そっくりのキャラクターで劇中に登場。このスペシャル待遇について、同期の吉野アナがやきもちを焼く場面も!? また、“宇宙人アナウンサーズ”の7人は、しんのすけとお揃いの赤いジャケット、青い蝶ネクタイに身を包み、やる気満々で挑むが、声を使うことを職業としている彼らでも、慣れない声優という仕事には四苦八苦したという。しかし、気合と自慢の声を武器に力を合わせて見事アフレコをやりとげた。

25周年を迎えた映画クレヨンしんちゃん。今回の作品は、ある夜、野原家にシリリという宇宙人が突然やってくるところから始まる。シリリの謎のビームによって、ひろしとみさえが25歳も若返り、子どもの姿に。大人の姿に戻るため、“子ども”野原家は、シリリをしんのすけのシリに隠し、ニッポン横断の旅に出ることに。しかし、その裏ではシリリの父親が企む“巨大な陰謀”が進行していて……。果たして、野原家は地球のピンチを救うことができるのか!?