月22日、人気アーティストのジェイ・チョウが開催予定だった四川省成都市でのコンサートが中止となったのは、会場から明代の遺構が発見されたせいだと報じられている。写真は「地表最強」ツアーより。

写真拡大

2017年3月22日、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウ(周杰倫)が開催予定だった四川省成都市でのコンサートが中止となったのは、会場から明代の遺構が発見されたせいだと報じられている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ジェイ・チョウの最新ワールドツアー「地表最強」は、今年初めに香港で9公演を行ったのち、今月に入って英ロンドンで再開され、来月からは中国各都市を巡回する予定だ。このうち四川省では当初、成都体育センターで開催予定だったが、急に中止が発表されている。その理由について中国メディアは同センターの地下に明代の蜀(しょく)王宮の遺構が発見されたためと報じている。

成都体育センターは1991年に完成し、約3万9000人を収容できる多目的スタジアム。中国版ツイッターには、センターの現在の状況を撮った写真が数多く登場しており、地面が掘り返され、昔のものと思われる階段や井戸などが露出しているのがよく分かる。

この報道に驚いたネットユーザーからは、「地下に数百年前の世界が眠っていたなんて」「今まで知らないうちに、王宮の中でコンサートを見てたんだな」などといった声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)