棄権後の記者会見では涙ながらに心中を語ったジェイソン・デイ(撮影:GettyImages)

写真拡大

<WGC-デル・マッチプレー 初日◇22日◇オースティンCC(7,108ヤード・パー71)>
昨年覇者で今季も優勝候補に挙げられていたジェイソン・デイ(オーストラリア)が思わぬ理由で大会を去ることになってしまった。
谷原秀人が大金星!優勝候補撃破でマスターズへ前進
デイは1回戦でパット・ペレス(米国)との対戦中、6ホールで途中棄権。記者会見を行い、母のデニングさんが肺がんを患っていること告白した。
「ゴルフのプレーを考えることがつらい状況」と話したデイ。父を11歳で亡くしてから、自分を大切に見守ってきた母を大事にしているデイには、今週の金曜日に手術を控えている彼女のことが頭から離れないようだ。
「今はなるべく母親と一緒にいるようにしたい」、昨年覇者としては複雑な思いもあるだろうが最愛の母のそばにいくことを選んだ。「自分がゴルフをしているのは母の存在があるから」、記者会見では涙ぐみながら苦しい胸のうちを明かした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

J・デイ、アルコール依存症乗り越え…たどり着いたメジャータイトル
ジェイソン・デイを優勝と世界一へ導いたもの【舩越園子コラム】
WGCの裏トーナメントに石川遼、岩田寛が出場 ツアー初勝利を掴めるか
超DEEPな骨太スイング論をアメリカからお届け!TOSHI HIRATAの究極レッスン
プロダクトアウトが主流のなか…フィードバックの道を突き進む本間ゴルフ